音楽理論その2.5「度数」

音楽理論
音楽理論

今回は度数について解説していこうと思います。

前回は音階について解説しました。

ここでもさらっと触れたのですが、その3のコードに行く前に度数について念を押して解説しようと思います。

この先よく出てくるのできっちりと抑えておきましょう。

度数

ハ長調(Key C)において、

ド    レ    ミ    ファ     ソ     ラ     シ      ド

↓   ↓     ↓      ↓       ↓      ↓    ↓      ↓

1      2      3        4         5        6     7         8

度になっていることを前回解説したと思います。

これには正確な呼び方があり、

1度(ルート)を完全1度と呼び、その半音上増1度半音下減1度

2度を長2度と呼び、その半音下短2度

3度を長3度と呼び、その半音下短3度

4度を完全4度と呼び、その半音上増4度

5度を完全5度と呼び、その半音上増5度半音下減5度

6度を長6度と呼び、その半音下短6度

7度を長7度と呼び、その半音下短7度

8度を完全8度(オクターブ)と呼び、その半音上増8度半音下減8度

と呼びます。(8度でオクターブなので9度以上はループです)

そしてこの音の差は1度がどこであっても同じです。

ここで、C→Eへの移調(調が移ること)を見てみましょう。

このように、音の差はKey CでもKey Eでも同じです。

Key Eでは

ミ    ファ♯  ソ♯    ラ     シ     ド♯     レ♯      ミ

↓     ↓        ↓       ↓       ↓      ↓        ↓         ↓

1        2         3         4         5        6          7           8

度となります。

ここで習得しておきたいのは、◯の□度の音は△というのがぱっと頭に浮かぶことです。

例えば、ソの6度はミ、シの4度はミといった具合にです。

いくつか問題を置いておきます。

その1

ラの3度はなんでしょう

正解は

その2

レの5度はなんでしょう

正解は

その3

ファ♯の7度はなんでしょう

正解は

その4

ソの4度はなんでしょう

正解は

その5

ラの6度はなんでしょう

正解は

その6

ミ♭の5度はなんでしょう

正解は

といった感じです。

覚えておくと便利なのは、7度が1度の1オクターブ上の半音下であることです。

なるだけすぐに思いつくようにしておいたほうがいいですが、
難しいようであれば、5度だけでも覚えておきましょう。
ドの5度はソ
レの5度はラ
ミの5度はシ
ファの5度はド
ソの5度はレ
ラの5度はミ
シの5度はファ♯
です。

次回

それでは次こそ第3回のコードに参ります。


スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました