CD スピッツ「スピッツ」

スピッツ
スピッツ 音楽

今回はスピッツの1stアルバム「スピッツ」について書いていこうと思います。

スピッツ

このアルバム、スピッツ初期の電波感がすごいですね(笑

毒々しさが満載です。そんなところが好きだったり。

1.ニノウデの世界

ディストーションギターから始まって低音ボーカルが入ります。

そしてCメロではボーカルが高音になるっていう(笑

いきなり濃厚な曲が出てくるのがおもしろいところ。

2.海とピンク

アコギから始まる軽快な曲。

今でもライブ演奏で聞くことができますね。

ギターソロがエレキだったりアコギだったりするのがお気に入りだったり。

3.ビー玉

気だるい感じの曲ですね。

いきなり「お前の最後をみてやる」から始まる曲なんてそうないですよ(笑

改めて聞いてみると結構バックのアルペジオが忙しそうですね。

4.五千光年の夢

ディレイの効いたイントロのソロリフが印象的な曲です。

よく聞いてみるとサビで左右のギターがいろんなことしてるんですね。

らんらんらんらんら~ん らんらんらららんら~ん

5.月に帰る

この曲は意外にもギターの三輪テツヤさん作曲です。

なのになんとなくロビンソンに近い感じがあるような気がしますね・・・

アウトロのギターがごちゃごちゃでいい感じですね。

6.テレビ

この曲はこのアルバムの中でも特別変な感じですね(笑

いきなり「君のベロの上に寝そべって 世界で最後のテレビを見てた」

なんてはじまります(笑

そのあとの歌詞もまるで脈略がないですがそこがスピッツのいいところなんですよね。

7.タンポポ

三拍子のゆったりとした曲ですね。

Aメロでのコーラスの効いたアルペジオがいい感じです。

サビはディストーションの効いた重めのギターがなっていますね。

8.死神の岬へ

こちらはギターの三輪テツヤさん作曲です。

軽快な曲ですね。

Bメロで聞こえるヒョロヒョロなっている音は何なんでしょうね?

地味に最後のサビでオルガン(シンセかも?)が入ってるんですね。新発見です。

9.トンビ飛べなかった

とーんびとべなかったーというメロディがいいですね。

「正義のしるし踏んづける もういらないや」っていうフレーズが印象に残ったり。

ワウの効いたギターソロもおもしろいですね。

10.夏の魔物

地味に2ndシングルになった曲です。

マイナー調の曲ですね。

夏の魔物にあいたかったーあいたかったーっていうフレーズが印象に残りますね。

11.うめぼし

これは有名ですね(笑

いきなりうめぼしたべたいから始まります。

うめぼしたべたいぼくは今すぐきみにあいたいんです。

12.ヒバリのこころ

言わずと知れた1stシングル。今でもライブの定番曲ですね。

この曲はドラムが忙しそうですね。

アウトロのギターソロが好きです。

まとめ

このアルバムはふわふわしていて毒々しいっていう変な表現がよく合いますね。

全部聞いたあとだと1stアルバムはやっぱり他とは違う雰囲気を持っています。

聞き始めはいまいちかもしれませんが10回目あたりから中毒になってやめられなくなりますよ(笑

自分は今聞いてるのはSHMCD版なのですが、

録音がそんなによくなかったのかリマスターしても他と比べるとちょっと音質がいまいちですね。

それでもいいアルバムなんですよ。

次回の「名前をつけてやる」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました