CD 岡崎律子「Sincerely yours,」

岡崎律子
岡崎律子 音楽

今回は岡崎律子さんの「Sincerely yours,」について書いていこうと思います。

Sincerely yours,

このアルバムが1stアルバムなのですが、昔のアルバムなだけあってMixがちょっと古っぽいですね(笑

リバーブのかかり方にも時代を感じます。

1.朝-What's goin'on-

初期の岡崎律子さんの中では珍しく明るい曲です。

朝の晴れやかな感じがうまくでていますね。

コーラスもきれいです。

2.出逢いは三月 春

前曲と一転して暗い感じから始まります。

後半で入ってくるスネアの音がすごいリバーブかかってて時代をものすごく感じます(笑

しっとりとした悲しい曲ですね。

3.恋心

こちらも前曲と同様にマイナー調の曲なんですが、サビでメジャーに転調するんですね。

「どんなときもあなたが見ていてくれたら十分だわ」

というフレーズが印象に残りますね。

コーラスのかかったギターの音が好きです。

4.夏の空港

ゆったりとしたピアノが特徴的な曲ですが、後半に楽器が増えて盛り上がります。

なんていうか、穏やかな風景が浮かんできますね。

最後のピアノの終わり方がきれいです。

5.悲しい自由

この曲が岡崎律子さんの1stシングルの曲なんですが、

作詞が田口俊さんという方のようです。

初期のシングル曲は他の方が作詞してたり作曲してたりすることがあるみたいです。

この曲もまた、アレンジが古っぽいんですね(笑

ですが、他の曲と比べて音数が多く気合が入ってるのがわかります。

6.幸せになろう

初期には珍しい明るい曲です。コンガの音が入ってるのが面白いです。

ですが歌詞は片思いしていた人が実はすでに他の人と付き合っていたところを見つけるっていう失恋の曲なんですね。

コーラスが結構手の混んだことをしていてきれいです。

7.恋が,消えてゆく

Aメロのメロディのリズムが変則的で面白いですね。

入る前に拍子が6/4→2/4になってる?まあ4/4でもいいのかもだけど。

タイトル通り失恋の曲なんですが、案外そこまで悲しい曲調ではなかったり。

最後だけ「恋が消えていく」で上に上がるのが好きです。

8.Girlfriend

あんまりイントロらしいイントロがなくていきなりボーカルから始まるのは初期にはあまりないかも。

歌詞は内気な自分が今の恋をあきらめて次にっていう内容なんです。

「だってそれは仕方ないよ 愛の力なにより大きい」

「世界中で一人ぼっち それもきっと大切な時間」

というフレーズが心に残りますね。

間奏でギターソロが入るのはこの時期には珍しいかも。

9.青い砂時計

こちらもアレンジが古っぽいですね。

ソロも務めるオーボエ?の音が特徴的です。

10.まっすぐな心で

イントロから随所で出てくるハーモニカが特徴的な曲です。

そしてこの曲は岡崎律子さん本人がHPでお気に入りと言っていた曲でもあります。

「正直でいること 思いやること そして愛する気持ち」

という歌詞があって、確かに岡崎律子さんの後々作る曲の歌詞とテーマが同じなんですね。

ハーモニカの音でしっとりとアルバムの最後を飾ります。

まとめ

全体的にMixが古めでこれから新しく聞く人にとっては聞きづらく感じるかしれませんが独特の暖かさがあってこれはこれで良いんですよね。

そしてメロディーはどれもきれいです。

最初のちょっと肩の力が抜けてない緊張した感じはありますね。

rearrangeが聞きたかったですが今ではもう聞けませんね・・・

次回のJoyful Calendarはこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました