音楽理論その4-1「ダイアトニックコード」

音楽理論

今回はダイアトニックコードについて説明していきます。

前回はテンションコード、aug、dimコードについてでした。

ダイアトニックコード

さて、ダイアトニックコードというのは

あるスケールにおいて、そのスケール音をルートとする、そのスケール音でのみできた4つの音からなるコードのことです。

4つならなんでも良いというわけではなく、1度(短)3度(減)5度(短)7度の4つです。

Key C ならドレミファソラシをルートとするドレミファソラシでできたコードのことですね。

図のように

Key C であれば、CM7,Dm7,Em7,FM7,G7,Am7,Bm7(-5)

となります。Bだけ減5度になるのがポイントですね。

他には、

Key D であれば、DM7,Em7,F♯m7,GM7,A7,Bm7,C♯m7(-5)

Key E であれば、EM7,F♯m7,G♯m7,AM7,B7,C♯m7,D♯m7(-5)

Key F であれば、FM7,Gm7,Am7,B♭M7,C7,Dm7,Em7(-5)

Key G であれば、GM7,Am7,Bm7,CM7,D7,Em7,F♯m7(-5)

Key A であれば、AM7,Bm7,C♯m7,DM7,E7,F♯m7,G♯m7(-5)

Key B であれば、BM7,C♯m7,D♯m7,EM7,F♯7,G♯m7,A♯m7(-5)

となるのですが、いちいち音を書くのが面倒なので、

IM7,IIm7,IIIm7,IVM7,V7,VIm7,VIIm7(-5)

のようにローマ字表記を用いて表すことがあります。

例えば、Key GV7と書けばD7を意味します。

Key EVIm7と書けばA♯m7を意味します。

その他同様なのでなれておきましょう。

Key E でII7と書くと正解は

Key FIVM7と書くと正解は

Key BV7と書くと正解は

Key DVIIm7(-5)と書くと正解は

といった感じです。

ダイアトニックコードの分類

ダイアトニックコードには3つの分類をされていて、

・トニック(安定)

・サブドミナント(一時安定)

・ドミナント7th(不安)

があります。

トニック3度を含み4度が含まれないという特徴があり、IM7IIIm7VIm7が属します。

サブドミナント4度1度を含むという特徴があり、IIm7IVM7が属します。

ドミナント7th7度4度を含むという特徴があり、Vm7、VIIm7(-5)が属します。

ただ、トニックとしては、Iadd9I6IIIm7(11)VIm9なども使われることもあったり、

サブドミナントとしては、IIm7(9)IV6

ドミナント7thとしてはG7(9)等も使われるそうです。

使えるバリエーションはトニック<サブドミナント<ドミナント7th

の順番のようで不安度が高いほど使える音が多くなります。

不安なら不協和音になりかけても成り立つということですね。

まとめると、

・トニック(安定)・・・IM7IIIm7VIm7

・サブドミナント(一時安定)・・・IVM7、IIm7

・ドミナント7th(不安)・・・Vm7、VIIm7(-5)

となりますね

(2018/11/14追記)

今回は4和音でのダイアトニックコードの解説になっていますが、

7度短7度を省略した三和音で構成された

I,IIm,IIIm,IV,V,VIm,VIIm(-5)もあります。(むしろこっちのほうがよく使います)

次回

さて、ダイアトニックコードについてはここまでにしておきます。

次回はダイアトニックコードをどの様に使うかを見ていきましょう。

つまり、代理コードについて説明していきます。

音楽理論
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました