CD スピッツ「オーロラになれなかった人のために」

スピッツ

今回はスピッツのミニアルバム「オーロラになれなかった人のために」について書いていこうと思います。

前回の名前をつけてやるはこちら↓

オーロラになれなかった人のために

名前をつけてやるの「魔女旅に出る」の流れから

オーケストラアレンジのミニアルバムを作ろうってなったそうです。

アレンジは長谷川智樹さんです。

1.魔法

マンドリン?のカッティングからホーンを中心としたオーケストラで始まる曲。

この曲スネアのリバーブが深いですね。こちらも時代を感じます。

アウトロが長めでなかなかやりたい放題やっていますね。

2.田舎の生活

アコギのアルペジオが心地良い曲です。

Aメロはは5/4拍子のようですね。

変拍子が自然に聞こえるメロディはさすがだなと思います。

3.ナイフ

この曲はエトランゼ(TANAYA Mix)みたいな例外を除けば最長の曲ですね。

Aメロのバックでひっそりと鳴っている轟音ギターが面白いなとおもったり。

でもナイフをプレゼントって喜ばれるんでしょうかね?

そこがスピッツらしいですが(笑

4.海ねこ

ごりごりのベースから始まる明るい曲です。

間奏でのギターと逆再生したホーンの音?

の部分がとてもカオス(笑

5.涙

ハープとチェンバロの音がとてもクラシックですね。

ストリングスも大体的に使われていて荘厳ですね。

コーラスもうまく主旋律とからまっています。

まとめ

ミニアルバムということもあり、ストリングスが主体というアレンジで、

ピッツのなかではかなり異色なアルバムになっていると思います。

ですが、スピッツらしさはそのままで、中毒性もあります。

ちょっと違ったスピッツが聞きたいという気分のときにいいですね。

次の「惑星のかけら」はこちら↓

スピッツ 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました