CD 岡崎律子「A Happy Life」

岡崎律子
岡崎律子 音楽

今回は岡崎律子さんの3rdアルバム「A Happy Life」について書いていこうと思います。

前回の「Joyful Calendar」はこちら↓

A Happy Life

2ndまでとだいぶ雰囲気がかわってぱっとしたアレンジ、Mixになりましたね。

1.A Happy Life

この曲はタイトル曲で5thシングル曲にもなって岡崎律子さんの曲のなかでは唯一PVが作られましたね。

テレビ出演の際もこの曲が選ばれました。

曲はピアノのバッキングから始まりシンセの印象的なリフ、オルガンのバッキングに繋がります。

アコギも地味に入っていますね。

「やさしさの意味は難しい 良いと思いかけた言葉 思いかけず 傷つけることがあるかも」

というフレーズが心に残りますね。

そして、間奏ではハーモニカソロとコーラスがとてもきれいです。

最後はシンセだけになって余韻を残します。

2.BLUE POINT

キラキラとしたギターのアルペジオで始まる曲。

「流されて 背を押されて とぼとぼと でも歩いてる」

っていうフレーズが好きです。

間奏ではオルガンがなかなかいい役割をしてますね。

3.ノンシャランで行こう

エレピから始まるサンバ調の軽快な曲。

4つ打ちバスドラは初めてなのでは?

「遅くたっていい 速くたっていい 回り道OK」

っていうところがとても岡崎律子さんらしいですね。

4.リグレット

この曲は4thシングルの曲です。

悲しい曲調ですが、アレンジがぱっとしているのでどこか爽やかですね。

シンセのリードが特徴的です。

間奏のコーラスからのギターソロなんですが、このギターの音がちょい古め(笑

5.明日に向かって

この曲はチェンバロのバックだけなのでボーカルのリバーブがよく聞こえますね。

穏やかで落ち着く曲です。間奏から入るストリングスもいい役割をしてくれます。

6.4月の雪(アルバム・ミックス・ヴァージョン)

ミンキーモモに使われたこの曲ですが、自分はこっちのバージョンを先に聞きました。

そのせいかどっちかというとこっちのほうが好きかも知れません。

元の明るい軽快な感じと一転してこちらは悲しめな感じなのですが、

そこがいいような気がします。

まとめ

ぱっと明るいアレンジになっているので初めて聞く人はこちらのほうが聞きやすいかも知れません。

岡崎律子さんのHPにも「トンネルを抜け出して陽を浴びた感じを呼びさます1枚。」

とかいてありあますね。

ミニアルバムなので曲数は少ないですが存在感のある1枚です。

次の「Ritzberry Fields」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました