音楽理論その5「クリシェ、パッシングコード」

音楽理論

今回はクリシェ、パッシングコードについて解説していきます。

前回は裏コードについて解説しました。

・クリシェ

クリシェとは、同一コード内で半音で徐々にずらしていく進行のことをいいます。

図のように、Amベース音のみが半音ずつ下に下がっていく場合を特に

ベース・クリシェ・ラインと呼んだりします。

ベース音が動かない場合には、

こんな具合に8度(1オクターブ上)の音が半音ずつ下がっていく進行があります。

(最後のコードがAm6F♯m7(♭5)の2つがあるのはこの2コードが同じ構成音であるからです)

また、

このように5度の音が半音ずつ上がっていく場合があります。

・パッシングコード

パッシングコードというのはパス(pass)つまり

通り過ぎるときに挟むコードのことを指します。

例えばベース音だけでみると、ド → レ の時にド → ド♯ → レ

と、ド♯を間に挟むことができますね。

半音という点ではクリシェに似てるかもしれません。

これをコードで見ると、

このE♭m7が半音で間に挟まってパッシングコードの役割を果たしています。

他にもdimがパッシングコードとして使われます。

コードの間をdimにしたり、

コードの1部分dimにしたりといったケースがあります。

次回

今回のクリシェパッシングコードも、

半音の進行はメロディーとぶつかりやすいので、注意しながら使いましょう。

次は移調転調についてです。これは割と馴染みのある言葉ですね。

音楽理論
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました