CD スピッツ「惑星のかけら」

スピッツ

今回はスピッツの3rdアルバム「惑星のかけら」について書いていこうと思います。

前回のオーロラになれなかった人のためにはこちら↓

惑星のかけら

前回の「オーロラになれなかった人のために」から一転、

ヘビィでロックなアルバムになっています。

1stは穏やかに毒々しい感じでしたが、

こちらのほうがドロドロとした毒々しさがありますね。

1.惑星のかけら

ギターのリフとギターの多重録音ソロから始まるスローテンポでヘビィな曲です。

タイトル曲でもあり、4thシングル曲でもありますね。

「骨の髄まで愛してよ 惑星のかけら」をひたすら繰り返すサビもいいですが、

ロングトーンのギターソロも印象的ですね。

自分が行った時のライブでは

アルペジオ向けのサステイン短い設定で弾いていたので音が伸びていませんでした(笑

設定をミスったのでしょうか?

2.ハニーハニー

シャッフルののりのいい曲です。最近ライブでも見ますね。

なんていうか、明るく毒々しいという言葉が似合いますね(笑

間奏はE-Bowを使っている?

3.僕の天使マリ

ラジオノイズの中から始まる曲。

「どこでも行かない」でを言わずに始まるのが面白いですね(笑

クリーントーンのギターソロがいい味を出しています。

4.オーバードライブ

またまたスローで毒々しい曲です。

間奏のサンバ調になるところがすごくドロドロしていますね(笑

このアルバムのなかで一番毒々しい曲かも。

5.アパート

コーラスのかかったアルペジオが終始流れる切ない曲です。この音好きです。

メロディーもきれいで結構人気もありそうな曲?

間奏のハーモニカも効果的に使われていますね。

インディーズ曲の「泥だらけ」が元になってるらしいですがそんなに似てませんよね~(笑

6.シュラフ

フルートの存在感がとても大きいどんよりとした曲です。

この曲だけ「オーロラになれなかった人のために」の長谷川智樹さんが編曲に関わっているようです。

この気だるい感じがいいんですよね~。

7.白い炎

ロックでギラギラとした曲ですね。ギターソロが早めでいい感じです。

「燃えろ燃えろ白い炎よ」っていう歌詞が勢いがあっていいです。

間奏の左から聞こえてくる音はシンセなのでしょうか?

そして、ギターリフをフェードアウトして終わりです。

8.波のり

なんていうかサビのメロディーがふわふわしていているところがいいですね。

アルペジオの音も素敵です。

wikiによるとこの曲はマーメイドとどっちにするか迷ったらしいですね。

言われてみるとマーメイドもこのアルバム向きな感じはしますね。

9.日なたの窓に憧れて

5thシングル曲です。

シンセのリフレインが印象的な曲ですね。

メロディーがきれいでお気に入りですね。

ギターのロングトーンもいい役割をしています。

10.ローランダー,空へ

どよーんとヘビィな曲ですね。

歪んだギターのアルペジオもいい感じです。

リバーブのかかったスネアがうまくはまっています。

「飛べローランダー」の繰り返しがいいんですよね。

11.リコシェ号

三輪テツヤさん作曲のインスト曲です。

「GOGOGOリコシェ」というコーラスだけ入っていますね。

フェイザーがかかったギターのアルペジオから始まります。

フェイザー聞きまくりのバッキングが左にあって、シンセが派手に出てきますね。

このあたりの音作りはさすがです。

まとめ

このアルバムもまた中毒性が高くて何回も聴いてしまうんですよね。

ばりっとロックなアルバムです。

この後スピッツは売上不振を気にしていたようで、いろいろとアレンジを変えていきます。

いわゆる、初期スピッツはここまでと言われています。

次回の「Crispy!」はこちら↓

スピッツ 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました