CD 岡崎律子「Ritzberry Fields」

岡崎律子
岡崎律子 音楽

今回は岡崎律子さんの4thアルバム「Ritzberry Fields」について書いていこうと思います。

前回の「A Happy Life」はこちら↓

Ritzberry Fields

4thになって、なんとなく板についてきた感じがありますね。

悲しい曲調の曲もありますが、さっぱりとしたMixになっているので初めてでも聴きやすいかもしれません。

アレンジはピアノが中心ですね。

岡崎律子さんのアルバムのなかでもピアノの存在感が大きく作られているような気がします。

1.BON VOYAGE!

コーラスの美しい曲ですね。

「夢が叶う瞬間 それは今日かもしれない 信じていていいんだかね」

というフレーズが心に残りますね。

ドラムのハイハットが軽快でいいですね。

最後のコーラスで終わるところが好きです。

2.素直な気持ち

ピアノで静かに始まる曲。

ピアノの音がきれいに録音されていますね。

悲しい曲調ですが、どこか爽やかです。

他の楽器もきれいなのでやっぱり、全体的に録音がよくなったような気がします。

コーラスでゆったりと曲をおえます。

3.夜明けの青いソファー

コンガから始まるジャジーで大人な曲。作詞は田久保真見さん、作曲は小森田実さんです。

自分はこの曲のベースの音が好きですね。結構コンプをかけているんでしょうか?

クリーンのギターソロのフレーズがうまいですね。コピーしてみたいな~

4.はなれていても

こちらもピアノで始まる曲。

パーカッションの音がいい味を出していますね。

「わかってくれるってきっと言ってくれる 君の笑顔そばで見たい」

の歌詞が岡崎律子さんらしくていいですね。

ロングトーンのギターソロもディレイがきいていい感じです。(音は少し古っぽいですが)

5.4月の雪

こちらが4月の雪のオリジナルバージョンのようですね。

シンセがイントロで出てきて、コーラスギターとピアノがバッキングです。

「A Happy Life」に入っていたバージョンとは全然違いますね~

なかなか思い切ったアレンジをしたものです。

6.約束

こちらもピアノを主体とするゆったりとした曲ですね。

間奏のアコーディオンがいい感じです。

「大丈夫 どこにいても 同じ星をみている」

というフレーズがいいですね。

7.-Life-

ディレイのかかったシンセソロとコーラスから始まる明るい曲です。

ベースはシンセベースなのですが、ぶよぶよとフィルターのよく効いた音をしていますね。

「やめること 続けること どっちが勇気だろう」

という歌詞はよくピックアップされますね。

自分もいい歌詞だと思います。

8.Shall we dance in the rain?

4ビートのスウィングの効いた曲です。

管楽器組がいい役割をしています。

そして、コーラスワークがとても素敵。

これは岡崎律子さんでなければ聴くことができませんね。

後半転調してF→Gに上がるところがベタですがいいですね。

AメロのコードはF→Faug→F6のクリシェ進行でしょうか?

次はGadd9→GM7add9→G7add9→Aかな?(ラレソ→ラレソ♭→ラレファ→ラド♯ミ)

9.冬のないカレンダー

ピアノの印象的なフレーズから始まるマイナー調の曲。

作詞は田久保真見さん、作曲は羽田一郎さんです。

間奏はフルートですね。これはこれでいい雰囲気を出しています。

サビのコード進行はCm→Cm/B→Gm→Gmaugかも。

10.LUCKY&HAPPY

バックコーラスのみから始まる曲。

明るくてのりのいい曲ですね。

サビのコード進行は多分Cm→F→B♭→E♭→Cm→F→B♭

(ドミ♭ソ→ドファラ→シ♭ファラ→ソドミ♭→ラドファ→ファシ♭レ)

ベースはC→F→D→Gで動いています。

11.愛されて守られて

エレピ弾き語りの曲ですね。

岡崎律子さんの声とエレピの音しかないので

「翳る夕焼けが寂しい もう少しもう少し暮れないで」

の部分がいいですね。

最初のところのコードは多分

Bm→A→G→Cdim(ソド♯ミ)→F♯m→D→G→F♯m(ド♯ファ♯ラ)→D

だと思います。

まとめ

ピアノを中心としたしっとりとしたアルバムですね。

昔の曲も入っていますが、その時にアレンジがされているので

けっこう今聴いても聴きやすいのではないでしょうか。

次回の「Rain or Shine」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました