CD スピッツ「ハチミツ」

スピッツ

今回はスピッツの「ハチミツ」について書いていこうと思います。

前回の「空の飛び方」はこちら↓

ハチミツ

超有名曲ロビンソンが入っているアルバムですね。

キラキラとポップな曲が集まっています。

1.ハチミツ

タイトル曲ですが、Aメロが4/4、4/4、2/4の変拍子です。

サビのメロディーのノリがいいですね。

アウトロのスネアやギターアルペジオがいい感じ。

2.涙がキラリ☆

12thシングル曲です。この曲は有名ですね。

イントロのギターフレーズをギター弾き初めのころに練習していたのを覚えています。

それにしてもいつもどおりですが、コーラスの効いたアルペジオがきれいです。

こんな音ほしいですね。昔から聴き慣れたお気に入りの曲です。

3.歩き出せ,クローバー

ゆったりとした曲ですが、サビがあっさりとしているってよく言われていますね。

自分はそういうところが好きです。

何回も聴くと味が出てくるそんな曲ですね。

4.ルナルナ

この曲が昔からお気に入りでしたね。

ホーンやストリングスのアレンジも後ろでいい役割をしています。

間奏のアコギソロもいいですね。

5.愛のことば

2014年に配信限定でシングル(39th)になったようですね。

アルペジオのバッキングもですが、Aメロのカッティングもいいですね。

そして、ベースがなかなかいい動きをしています。

ちらっとでてくるシンセもいい味を加えています。

6.トンガリ’95

リフの特徴的なロック曲ですね。

サイレンっぽく鳴るギターのハイポジアルペジオも曲によく合っています。

そしてテツヤさんが珍しく速弾きをします。このフレーズよくわからなくてコピーしにくいですね(笑

7.あじさい通り

シンセのフレーズで始まる昭和チックな曲。

改めて聞くとAメロのボーカルもしかしてフランジャーが薄くかかってますか?

なんかちょっと不思議です。コーラスの古めな音も曲に合っていますね。

サビのギターアルペジオは何を使っているんでしょう?

もしかしてUni-Vibeでしょうか?ビブラートじゃここまでならないような・・・

8.ロビンソン

これは超有名曲ですね。11thシングル曲です。

当時「俺のすべて」とA面を迷ったそうです。

このアルペジオをギター弾き初めの頃に覚えたんですよね。

ライブだとコーラスかかってなくてクリーントーンだったりするのがちょっとさみしいですね。

やっぱりコーラスかかったギターの音がいいです。

今聴いても色あせないですね。

9.Y

悲しげな別れの曲。

サビでアコギが入ってきて一気に明るくなるところが開放感あっていいです。

間奏の管楽器はクラリネットなのでしょうか?

10.グラスホッパー

テンションの高いロックな曲です。

スピッツの事務所はロード&スカイなのですが、分社してグラスホッパーという名前のを作ったそうですね。(笑

サビ終わった後のリバースディレイフレーズがなんとも不思議。

こっそり入っているオルガンもいいですね。

11.君と暮らせたら

アコギの音が哀愁のある曲。

切ないメロディーが最後に似合っていますね。

クリーントーンのソロもいい感じです。

まとめ

全体的にキラキラとポップな曲が多いので最初の1枚におすすめです。

自分も最初の方にこの「ハチミツ」を聞きました。

今気がついたのですが、歌詞カードの後ろを見るとメンバーの使った楽器が書いてあるんですね。

マサムネさんがジャズマスターを使っていて意外でした(笑

次回の「インディゴ地平線」はこちら↓

スピッツ 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました