CD 岡崎律子「「ラブひな」OKAZAKI COLLECTION」

岡崎律子

今回は岡崎律子さんの7thアルバム「「ラブひな」OKAZAKI COLLECTION」について書いていこうと思います。

前回の「おはよう」はこちら↓

「ラブひな」OKAZAKI COLLECTION

ラブひなの作品のために作られた曲が中心のようですが、

なんていうか華やかなアレンジになっている曲が多いですね。

テンションも高めです。

1.春だもの!

ストリングスとホーンとティンパニが大々的に使われていてとても華やかなです。

右から聞こえてくるコーラスのかかったギターはとてもDepthが深いですね。

ピッチがとても揺れています。

間奏では岡崎律子さんのウィスパーボイスが前に出てきていい感じですね。

ラストのコーラスもきれいです。

2.はじまりはここから

この曲はライブ映像が残っていますね。

エレピのフレーズが軽やかに入って、ギターのカッティングが後ろで鳴っています。

ホーンの音が前に出てくるアウトロもいいですね。

3.Friendship

この曲は好きっていいなよ。で使われたようですがこっちのアレンジのほうがいいですね。

ディレイのかかった正弦波のシンセ音がきれいです。

間奏のコーラスが一気に出てくるところがとてもきれいなんですよね。

個人的に岡崎律子さんの中でもお気に入りの一曲です。

4.今宵の月に誘われて

16ビートが軽やかで横ノリな曲。サックスの音がアメリカンですね。

ベースも面白いフレーズを弾いていますね。

この曲もお気に入りです。

5.サクラサク

いきなり歪んだギターとシンセの強烈な音で始まるテンションの高い曲。

スネアの音も歪んでいたり、フィルターを思いっきり揺らしたシンセの音が上にいったり下にいったりしていますね。

岡崎律子さんはこの曲を自分で歌うことを想定していなかったようで、レコーディングに苦労したそうです(笑

6.君さえいれば

少し歪ませて奥に置いた岡崎律子さんの声から始まる曲。

この曲もライブ映像が残っていますね。

間奏のささやき声がいいです。

全体的にチェンバロとエレピがバッキングをしています。

7.なんてステキな

アコーディオンとオルガンの音が特徴的な曲ですね。

これもコーラスがきれいで暖かな感じです。

アウトロのギターソロもいい味を出しています。

8.祝福

ホーンとオルガンから始まるテンションの高い曲です。

ドラムも張り切っています。

でも歌詞は「人生は時に厳しく それにも増してすばらしい」

というちょっと重めの歌詞です。

右から聞こえるカッティングギターもいいですね。

9.イツマデモ・ドコマデモ

ホーンとピアノが目立つコミカルな曲です。

右から聞こえるギターも心なしか音が少し大きいですね。

間奏のカントリー感のある感じがおもしろいです。

「恋にうつつを抜かしつつ」

のコーラスがきれいですね。

10.Merry Christmas to You

シマーリバーブがかかったような音から始まるクリスマスチックな曲。

Aメロにはコーラスのかかったギターがあると思うんですが、

ここまで音を曇らせるのはどうやるんでしょうね。リバーブと併用するんでしょうか?

Bメロではパーカッションの音にフランジャーがかかっている気がします。

ストリングスもクリスマスチックな使われ方をしていますね。

そしてメロディーがきれいです。お気に入りかも

まとめ

いい曲も多いのですが、岡崎律子さんちょっとテンションを高くしようとして無理してる感がありますね(笑

でも、いつもと違う岡崎律子さんの雰囲気がうまくでているかなと思います。

次回の「life is lovely.」はこちら↓

岡崎律子 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました