音楽理論その9-2「チャーチモード分類」

音楽理論

今回はチャーチモードの分類について解説していこうと思います。

前回は「チャーチモード」について解説しました。

チャーチモード分類

・イオニアン、リディアン、ミクソリディアン

1度から始まって1度で終わるのがイオニアンスケール(メジャースケール)

4度から始まって4度で終わるのがリディアンスケール

5度から始まって5度で終わるのがミクソリディアンスケール

なので、最初は1度4度5度となっておりこれは完全音程の組み合わせですね。

なので、この3スケールはメジャートライアド(三和音)コードがでてきた時に使えます。

イオニアンスケールメジャースケールですね。

リディアンスケール増4度を含むのですが、これを強調するとちょっと不思議な感じになります。

ミクソリディアンスケール短7度を含みます。

短7といえばブルースにおいて重要な音ですね。(ブルーノート)

よって、ミクソリディアンスケールm7thを強調するとブルースっぽくなります。

・エオリアン、ドリアン、フリジアン

6度から始まって6度で終わるのがエオリアンスケール(マイナースケール)

2度から始まって2度で終わるのがドリアンスケール

3度から始まって3度で終わるのがフリジアンスケール

この3つはマイナー系スケールとなっています。

マイナーコードが出てきた時に使います。

エオリアンスケールマイナースケールと同じです。

♭13thを強調すると演歌っぽい感じになります。

ドリアンスケールエオリアンスケール13thかそうでないのかという違いしかありません。

13thを伸ばすとちょっとジャズっぽくなります。

フリジアンスケール♭9thを含んでいますが、この音はアボイドノートとされており、

伸ばすとミストーンに聴こえてしまうことが多いです。

使う時は注意しましょう。

・ロクリアン

7度から始まって7度で終わるのがロクリアンスケール

このスケールもマイナー系スケールですが、♭5thを含んでいるので

♭5th型のマイナースケールでしか使うことができません。

使い所の限定されるスケールです。

・ドリアン、ミクソリディアン

この2つのスケールを比べると3rdメジャーマイナーかという違いしかありません。

ペンタトニックスケールと合わせて使いやすいスケールなので覚えておきましょう。

次回

次回はペンタトニックスケールの予定です。

音楽理論
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました