CD 岡崎律子「Love & Life ~private works 1999-2001~」

岡崎律子
岡崎律子 音楽

今回は岡崎律子さんのアルバム「Love & Life ~private works 1999-2001~」について書いていこうと思います。

前回の「for RITZ」はこちら↓

Love & Life ~private works 1999-2001~

岡崎律子さんのファンクラブ向けにリリースされていた曲を集めたアルバムです。

さすがに予算が多くなかったのかちょっと録音、Mixは曇った感じがありますが、

岡崎律子さんが自由に作ったのびのびとした曲が多いですね。

編曲も岡崎律子名義の曲がおおいです。

あと、時期的に冬をテーマにした曲が多いですね。

1.Welcome to Ritzberry Fields 2001

ピアノとコーラスだけのイントロデュース的な曲です。

こういう曲があるのはファンクラブ向けならではという感じですね。

コーラスのリバーブ音がはっきりと聞き取れます。

2.やさしい贈りもの

アコギが中心のしっとりとした曲ですね。

最後は「今は恋よりも」という決断の言葉で終わります。

ちょっと意味深ですね。

間奏が少し明るくなるところがちょっとへんです(笑

3.A merry December

ギターで始まる速めの曲。

ティンパニが入ってたりして壮大な感じがありますね。

途中で入る男性コーラスの声がなんか昔っぽいです(笑

4.流星群の日

エレピ、アコギ、ボーカルの曲。

あとは、うっすらとキーボードで弾いたストリングスの音がちょっと入ってるだけでしょうか。

この曲はメロディーがきれいでアルバムのなかでもお気に入りですね。

5.待ちあわせ

コーラスで始まる曲。ゆったりとした曲調ですね。

アコギのソロがすてきです。

その裏でなっているのはテルミンなのかエレキギターなのかどっちなんでしょうね?

やっぱり岡崎律子さんとエレピは相性が良いと思います。

6.夢ははてしなく

コーラスの弾んだハーモニーで始まる曲。

この曲も夢を選んで誰かと別れたような歌詞です。

メロディーが暖かくていいですね。

ただ、バックのシンセストリングスの音がちょっと安っぽい気はします。

7.月下の散歩

メインで鳴っているキーボードのハープ?のような音がよく目立つ曲ですね。

ゆったりと続く曲です。

まさに月の下で歩いている様子が想像できる、

「月下の散歩」というタイトルが似合う曲ですね。

8.冬の陽

いきなりボーカルで始まる曲です。

冬っぽい切ないメロディーですね。

間奏のディレイのかかったギターの音がいいですね。

やっぱりエレピとアコギがバックの中心です。

9.the bright side

4つ打ちの明るい曲です。

エレピにコーラスをかけたような音がとても曲にあっていますね。

この曲もメロディーのノリがよくて好きです。

間奏のコーラスもとてもきれいですね。

10.星空にお祈り

オルゴールのようなキーボードの音が静かな雰囲気を出している曲です。

優しくて暖かなメロディーですね。

「ふたりで星を数えましょう 朝まで」

というフレーズで穏やかに終わります。

11.Welcome to Ritzberry Fields

この曲も1曲目と同じでイントロデュース的な曲ですが、

こちらはピアノがなくてコーラスのみとなっています。

これだけでもきれいにきこえてしまうんですよね。

12.White Land

6thシングル「Rain or Shine-降っても晴れても-」のカップリング曲です。

こちらもゆったりとした曲で、ところどころ鳴る鈴の音が冬っぽいですね。

たぶんクリスマスをイメージしたのでしょう。

ややドラムの音が古っぽい感じはありますね。

13.~ハミング~

5thシングル「A Happy Life」のカップリング曲です。

ギターの音が特徴的ですね。なんていうか作れそうで作れない音です。

曲調は明るくてシンセも大体的に使われています。

間奏終わりの次のサビ前のコーラスがすごいですね。

最後まで軽やかな感じで終わります。

14.12月の雪の日

2thシングル「最愛」のカップリング曲です。

この曲はわかりやすいクリスマスソングですね。

タイトルははっぴいえんどの「12月の雨の日」に似せたのでしょうか?

1994年の2ndアルバムの頃の曲のようですが、Joyful Calenderの曲よりちょっと音が良いような気がします。

15.Moonshadow

この曲は唯一村山達哉さんの作曲なのですが、フルートの音といい、

アコギのアルペジオといい、雰囲気が良くて好きな曲です。

Bメロはなにかにフランジャーをかけたような音がしますね。なんなんでしょう?

サビのストリングスもとてもいいです。

「生きていくしかないの」

というフレーズで静かに終わります。

最後にはボーナストラックとして「A Happy Life」のPVが入っていますね

まとめ

全体を通して聴いてみると、やや音がもやもやしている感じはありますが、

その分のびのびと作られているのがわかります。

もっと岡崎律子さんの曲を聴きたかったですね。

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました