CD Syrup16g「coup d’Etat」

Syrup16g
Syrup16g 音楽

今回はSyrup16gの「coup d'Etat」について書いていこうと思います。

前回の「COPY」はこちら↓

coup d'Etat

メジャーになって最初のアルバムですね。

1.My Love's Sold

アルペジオの音がざくっとダークに始まる曲。

サビでギターの音ががつんとくるのですが、

このガッツのある感じはどうやって作っているんでしょうね?

間奏はフェイザーがうねっていてカオスです。

2.神のカルマ

最初のドラムがいいですね。バスドラの音が迫力あります。

そして、コーラスのギターがとてもきれいです。

この音を再現してみたいですね。

イントロで途中からはいってくるコーラスのかかったベースのフレーズがいいですね。

間奏もベースソロが伸びやかでいい感じです。

3.生きたいよ

この曲もAメロはずっとコーラスのかかったベースですね。

サビが終わってからギターが一気に来るのですが、

それまでAメロのドラムが打ち込みっぽくなっていたのに

急に生ドラムみたいになるのがいいですね。

4.手首

アルペジオが緊張感のある曲です。

そしてベースとドラムがシンプルなのがより緊張感を高めていますね。

そしてギターの音が荒々しいです。

5.遊体離脱

ライドシンバルから暗いアルペジオで始まるダークな曲。

Aメロのドラムのパターンが面白いですね。そしてスネアの音がいいです。

サビ終わりの歪みとコーラス同時がけの音が気持ちいですね。

6.virgin suicide

3拍子のインスト曲です。

リバーブをかけて奥にいったギターの音が主旋律をとっていますね。

アルペジオの暗くゆったりとした曲ですね。

7.天才

リフの攻撃的な曲です。

ギターは終始コーラスがかかっていますがどうしてこんなに歪みと合った音が作れるんでしょうね。

ギターソロもいいフレーズです。

「遊ばない からまない 力合わせたくない」

という歌詞が好きだったり。

DVD「GHOST PICTURES」では青木裕さんアレンジのギターソロになっていますね。

8.ソドシラソ

コードのリフと叫びから始まる攻撃的な曲。

なんだかハイハットの音がとても立っていますね。

ギターソロもキレキレです。

本当かどうかわからないのですが、ソドシラソミというのは

「So don't sing love song me」をもじったものらしいです。

9.バリで死す

コーラスのかかったアルペジオと2つの旋律のボーカルが面白い曲。

ベースも跳ねたフレーズを弾いていますね。

曲の終わりのベースのサステインが焼けた音になっているのがいいですね。

10.ハピネス

アコギが入っている6/8拍子の曲。

カッティングの音がとてもやさしいですね。

コーラスのかかったベースも重たくていい感じです。

11.coup d'Etat

タイトル曲ですが次の曲につながる短い曲です。

思いっきり叫んでいますね。

12.空をなくす

ギターの音がざくざくで荒々しいですね。

ベースのフレーズがダンサンブルでノリがいいですね。

それと、バスドラとスネアの音がとても重たいです。

ライブ映えする曲ですね。

13.汚れたいだけ

イントロのボリューム奏法のギターがきれいですね。

スネアの音がキレキレです。

サビでのクラッシュシンバル連打が空気を引き締めているような気がします。

最後はなぜかピアノのフレーズだけになっておわります。

この曲の「GHOST PICTURES」がいい感じなんですよね。

まとめ

激しい曲が多めでギラギラとした雰囲気のアルバムかなと思います。

五十嵐さんはこのアルバムでプロっぽくやってみようと思ったけど

やっぱり無理だったとあとで語っていましたね。

音は音圧がやや高めですが、

ワイドレンジさがやや抑えられているのであまり嫌な感じはしません。

録音がうまい感じにできているかなと思います。

コーラスはsmall cloneらしいですが本当にこんな感じになるんでしょうか?

次回の「delayed」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました