シンセサイザーの音作り その2「減算式シンセサイザーの基本的な仕組み」

シンセサイザーの音作り その2「減算式シンセサイザーの基本的な仕組み」

今回から減算式シンセサイザーについて解説していこうと思います。

前回は「シンセサイザーの分類」について解説しました。

減算式シンセサイザー

減算式シンセサイザーは大まかに言うと、

VCO、VCF、VCAとそれをコントロールするLFO、ENVELOPE MODからできています。

VCOから出てきた音をVCF(フィルター)で加工してVCAで音量を決めます。

図で表してみるとこんな感じです。

VCO      →      VCF      →      VCA      →      出力

    ↑                       ↑                          ↑

         LFO、ENVELOPE MOD

LFOとENVELOPE MODは基本的に信号の外側で働きます。

LFO、ENVELOPE MODで揺らすことの出来るパラメータは

シンセサイザーそれぞれで異なります。

正弦波または三角波のLFOでVCOを揺らして

ビブラートにするといった使い方をしますが、

これは造り手の発送次第でいろんなことができますね。

FM変調の機能がついているシンセサイザーの場合は、

VCOの部分で変調の種類を決めます。

シンセサイザーによってVCO、VCF、LFO、ENVELOPE MODがいくつあるのかは異なります。

ですが、VCAはおおよそ一つなんじゃないでしょうか。

シンセサイザーに搭載されているそれぞれの数は、おおよそ

VCO:2~4

VCF:1~2

LFO:2~6

ENVELOPE MOD:1~2

くらいかなと思いますが、これは物によって大きく差があります。

数が多ければ多いほど音作りに幅ができますが、たくさん必要にならない場合もあります。

それと、最近のシンセサイザーはFXがついていることが多いですね。

オーバードライブ、ビットクラッシャー、トーキング・モジュレーター、

コーラス、フランジャー、フェイザー、ディレイ、リバーブ

などなどが搭載されているかなと思います。

エンベロープ

あと、これから必要になるので、エンベロープの概念について押さえておきましょう。

横軸に時間、縦軸に音量を取ると、音が鳴ってから時間と音量の関係は

おおよそこのようになります。

(これは弦を鳴らした時などの電気的にコントロールされていない音の場合です)

音が鳴ってからピークまでをAttack

音がある程度一定になるまでの減衰をDecay

音が安定して伸びている時をSustain

音が小さく消えていく時間をRelease

と呼びます。

シンセサイザーではこの概念をよく用いるので覚えておきましょう。

次回

次回は「VCO」について解説していこうと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。