CD Syrup16g「delayed」

Syrup16g

今回はSyrup16gの「delayed」について書いていこうと思います。

前回の「coup d'Etat」はこちら↓

delayed

ベースが佐藤さんに代わり、キタダマキさんになって最初のアルバムです。

ダークな夜景が似合うアルバムですね。

実は自分が一番最初に聴いたSyrup16gのアルバムだったり。

1.センチメンタル

シンセの音がリードを取っている曲ですね。

バックはいろんな音が入っていてぐちゃぐちゃですね。

轟音のギターはBig muffなんでしょうか?

こういう後ろでこっそりと激しく鳴っている音好きですね。

昔コーラスのかかったギターアレンジのライブ映像があったんですが、

そのバージョンが結構好きでした。

2.Everything is wonderful

イントロはかなりピッチの揺れたギターのアルペジオですね。

コーラスをかなり深く使っているのでしょうか。

ステップフィルターのかかったシンセの音が隠し味ですね。

1つ目の間奏前はボーカルにフランジャーがかかっていますね。

繰り返しのピアノの音もその間奏終わりあたりからピッチがかなり揺れていますね。

再結成後のライブでこの曲をやったのですが意外とライブ映えする曲なんですよね。

3.Reborn

この曲はミスチルも歌ったことがあって有名ですね。

武道館ライブでも最後の曲でした。

珍しく歌詞が前向き?なんですよね。

それにしてもバックのギターがフェイザーかかっててぐしゃぐしゃですね。

なかなかいい感じ。

4.水色の風

イントロをからードをとっているのはギターかシンセかよくわからないですね。

ゆっくりとしたフランジャーがかかっているのはわかるのですが。

コーラスにバンプの藤原さんが参加しているのは有名な話ですね。

ゆったりとダークな曲です。

5.Anything for today

きらきらとしたギターのカッティングから始まる曲。

アルペジオの音もきれいです。

サビ終わりとアウトロはかなりフェイザーがえぐくかかっていますね。

6.サイケデリック後遺症

イントロからのコーラスのかかったベースのフレーズが印象的ですね。

サビでどんよりと暗くなるところがいいですね。

ボーカルのリバーブもダークな音のようなきがします。

7.キミのかほり

この曲もゆったりと気だるい曲ですね。

繰り返しのクリーンギターとアコギがいい味を出しています。

サビのボーカルはハイトーンなところが逆に暗い感じでいいですね。

8.Are you hollow?

コーラスのかかったアルペジオギターがフェードインで入ってきますね。

静かにどんよりと続く曲です。

コーラスとのハーモニーが面白いですね。

9.落堕

この曲はライブでやりたい放題やった曲ですね(笑

どこかに動画が残っているかも

キリキリとしたエレキのギターが雰囲気に合っています。

ベースが良いフレーズなんですよね。アコギのソロもいい感じ。

アウトロのギターのぐちゃぐちゃしていて好みです。

10.愛と理非道

この曲のエレピは五十嵐さんが弾いているようですね。

繰り返しのフレットレスベースの音もいいですね。

ドラムレスで静かに続く曲です。

11.Reborn(アコースティックVer.)

最後に入っているアコギ弾き語りバージョン。

しっとりとこのアルバムの最後を飾ります。

まとめ

ゆったりと暗い曲が多いですが、ギターの歪は轟音が多いですね。

コーラスのかかったギターも好みの音です。

なんだかジャケットも相まって夜景を見ているような気分になりますね。

音はなかなかいい感じですが、楽器の音がよく分離して聴こえないところがありますね。

まあわざとやっているようですし、

それが雰囲気に合っているので問題はないですが、ややコピーし辛いです。

次回の「HELL-SEE」はこちら↓

Syrup16g 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました