CD Syrup16g「Mouth to Mouse」

Syrup16g

今回はSyrup16gの「Mouth to Mouse」について書いていこうと思います。

前回の「HELL-SEE」はこちら↓

Mouth to Mouse

直訳すると「口からねずみ」ですね

1.実弾(Nothing’s gonna Syrup us now)

繰り返しのリフが特徴的ななんかヤケになったような曲ですね。

ベースの音がけっこうえぐいですね。

ニコニコ動画にこの曲をバックに五十嵐さんを模したキャラが

踊っている動画があったんですがけっこう面白かったですね。

2.リアル

この曲はシングルバージョンとアルバムバージョンで違うのですが、

個人的にこっちのほうが彩りがあって好みですね。

シングルバージョンはちょっと物足りないです。

それと、尺がちょっと短くなっているので聴きやすいです。

このアルペジオを弾きながら歌うのけっこう難しいんですよね。

曲調はかなりダークです。ベースがキーパートでかなり動いています。

3.うお座

アコギのしっとりとした音で始まる曇った感じの曲ですね。

ドラムは打ち込みもある感じですね。

途中から入ってくるストリングスが怪しい音をしていますね。

雰囲気にあっていると思います。

4.パープルムカデ

3拍子のギターから始まるかなり叫ぶ感じの曲です。

ドラムとギターのユニゾンっぽい繰り返しが力強いですね。

サビは3拍子に戻ります。

この曲のMixかなりそっけないドライな感じなんですが、

それがいい感じです。

5.My Song

なんていうかだらーっとしたラブソングですね。

打ち込みのドラムがかなりシャリシャリです。

前再結成後行ったライブでMy Songの入りをミスっていましたね。

6.Mouth to Mouse

タイトル曲ですが、かなりシンプルな曲ですね。

その分ベースの存在感が大きいです。

ドラムはひたすら8ビート繰り返しですね。

7.I・N・M

4分のギターフレーズが特徴的ですね。

2番からベースのフレーズがちょっと変わるところがいいですね。

「何が正しいことがある 何が正しいことになる」

という歌詞が印象に残ります。

8.回送

冒頭の「ローマ帝国の配下で君は眉毛をなくした」

という歌詞がいまいちどういう意味なのか議論になってたのをみたことがあります。

どういう意味なんでしょうね?

曲はなんていうか不思議なロックっていう感じがします。

シングルのカップリングは打ち込みバージョンですが、

こっちのほうが勢いがあって好みかもしれないです。

9.変態

ギターの音がキリキリしていて激しい曲ですね。

歌詞は蝶が羽化して飛んでいく様子を書いていますね。

シンバルもよく響いていてシリアスな雰囲気です。

10.夢

夢というタイトルですがとても重たくて暗い曲ですね。

2回目のサビあたりからフランジャーのかかった音が入ってきます。

「本気でいらないんだ 幸せはやばいんだ」

という歌詞がこの曲をよく表していますね。

11.希望

こちらも希望というタイトルですが暗い曲調です。

アコギの音が乾いていて雰囲気をダークにしていますね。

ぐしゃぐしゃのエレキギターも曲にぴったりです。

12.メリモ

コードをじゃーんと鳴らすところからはじまる激しい曲。

ギターの音がざくざくです。何の歪みなんでしょう。

「絶対に買いの絶対って何」っていう部分はどうして入っているんでしょうね(笑

13.ハミングバード

ギブソンのアコギ「ハミングバード」の曲ですね。

テンポゆっくりでどよーんとしています。でもどこか温かいですね。

「セミだって花だって 悲しいと思える 人間の感性を 自分は愛してる」

という歌詞が心に残ります。

14.Your eyes closed

どこか温かい雰囲気のラブソングですね。

「愛しかないとか思っちゃうやばい」

なんて珍しい歌詞にしたなあと思います(笑

どこかやけになっている気がします。

サビのギターはファズっぽい歪み方をしていますね。

まとめ

なんていうか薄暗くも生暖かいっていう曲が集まっているような気がします。

音数がいつもより少なくてドライなアレンジになっているかなと思います。

わりといい感じですね。

次回の「delayedead」はこちら↓

Syrup16g 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました