CD Syrup16g「delayedead」

Syrup16g
Syrup16g 音楽

今回はSyrup16gの「delayedead」について書いていこうと思います。

前回の「Mouth to Mouse」はこちら↓

delayedead

 Free Throwの再録版を含む激しめな曲が多いアルバムですね。

1.クロール

怪しげなギターリフで始まる重たい曲ですね。

サビ前はコーラスがかかっていてサビはフランジャーが思いっきりかかっています。

よく聴いてみるとボーカルのリバーブがガレージで歌ってるみたいな感じになっていますね。

プリディレイが長めなんでしょうか。

2.Inside out

キラキラしたアルペジオが特徴的なちょっと明るい曲ですね。

サビはコーラス(歌)が入っています。

間奏後のアルペジオの音がきれいですね。

ステレオで位相反転処理がしてあるようなきがします。

3.Sonic Disorder

ベースソロではじまるライブ定番曲ですね。

Free Throwの時代からある昔からの曲でもあります。

ミュートフレーズにはディレイがかかっています。ディレイの使い方がうまいですね。

最後のベースがサステインの最後まで入っているのがいい感じ。

4.前頭葉

歪み+コーラスから始まってリフに入る荒々しい曲。

それにしても「前!頭!葉!」ってすごい叫び方ですね(笑

どうしてこのワードを選んだんでしょう。

5.Heaven

なんとなく前の曲と似たような感じの曲ですね。

ギターはコーラスがかかっている?

後半はギターのハウリングノイズみたいなのが一瞬入っていますね。

6.これで終わり

穏やかなアルペジオで始まるどこか寂しげな曲。

スネアの音がストレートに響いていい感じです。

アウトロのユニゾンフレーズからリバーブ音だけになって終わるのがいいですね。

7.翌日

この曲もFree Throwからある曲ですね。武道館ライブでは最後から2曲目でした。

珍しく前向きな歌詞ですよね。

ギターの音も歪み方がキラキラしているような気がします。

8.I Hate Music

なんだかシャッフルの音頭みたいなリフの曲ですね。

タイトルがいかにもひねくれていて五十嵐さんっぽいです。

それにしても間奏の叫び声が変ですね。(笑

ギターソロは左右に音が振った民謡っぽいフレーズです。

9.もういいって

怪しげなアルペジオで始まる激しい曲ですね。

ギターの音がきりきりと歪んでいます。

間奏は右のギターと左のギターが掛け合いみたいになっていますね。

10.真空

こちらもこの曲もFree Throwからある曲です。ライブでも定番曲。

そっちのバージョンは確かイントロのリフがフランジャーかかっているんですよね。

この曲だけキタダマキさんがピック弾きなんですよね。

中畑さんも叫ぶ激しい曲です。

11.エビセン

リバーブのかかったギターが穏やかで力の抜けた曲ですね。

ベースの音も優しい感じです。

サビはオクターブ上のコーラスを歌っているんでしょうか。

12.Breezing

キリキリとしたアルペジオで始まる速い曲ですね。

なぜか歌詞が英語です。

左奥からもう一つのボーカルパートがこっそり聴こえますね。

ドラムがばたばたと慌ただしい曲です。

13.Good-bye myself

最初からフランジャー全開の曲ですね。

間奏終わりのベースだけになるところがいい感じ。

歌詞は割と適当なんでしょうか?

14.明日を落としても

この曲もFree Throwからある代表曲ですね。

この曲は歪んだギターじゃないほうがいいかもです。

Free Throw版もいいですが、前どこかのライブ映像で見た

コーラスのかかったクリーントーンギターのアレンジが良かったですね。

歌詞がとてもヘビィです。

そしてギターソロの繰り返しフレーズがいいんですよね。

15.きこえるかい

6/8拍子の哀愁のある曲ですね。武道館ライブでは最初の曲でした。

少しづつパートが入っていくところがいいですね。

サビはギターの音がかなり分厚いです。

アルバムの最後にぴったりな曲だと思います。

まとめ

昔の曲の再録版ですが、新曲はなんだか勢いで作った曲があるような気がします。

全体的に歪み強めな曲が多いですね。

音はバランスがなかなかよくて割といい方かなと思います。

次回の「syrup16g」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました