CD Syrup16g「syrup16g」

Syrup16g
Syrup16g 音楽

今回はSyrup16gの「syrup16g」について書いていこうと思います。

前回の「delaydead」はこちら↓

syrup16g

解散前に出したアルバムですね。

自分がSyrup16gを知ったのはこのアルバムとdelaydeadの間だったので

発売する前から知っていた最初のアルバムですね。

1.ニセモノ

ギターのフレーズから重たいドラムのイントロが特徴的ですね。

「結局俺はニセモノなんだ」っていう歌詞が五十嵐さんらしいですが、

ここで解散するっていうことを考えていたんでしょうか?

間奏はフランジャーが派手に使われていますね。

バックのギターが音の隙間を埋めています。

2.さくら

シンプルなエレキ弾き語りから始まる哀愁のある曲ですね。

ギターソロがちょっと複雑ですね。

エレキがいったん途切れてアコギだけになるところのキタダマキさんのベースの存在感がとても大きいです。

3.君をなくしたのは

なんだかふわふわとしたアレンジになっていますね。

あんまりSyrupらしくないような気がします。

最後は鐘の音が入っているのが不思議な感じですね。

4.途中の行方

最初のハーモニクスの音が特徴的です。

いきなり「俺は狂っちまったけど」なんていうフレーズで始まりますのがSyrupらしいですね。

イントロからベースがかなり目立ちます。コーラスがかかっているぽいですね。

間奏もベースが担当ですね。

5.バナナの皮

なんだか珍しく明るいポップな曲ですね。

またまたキタダマキのベースがハイポジションでメインのフレーズを弾いていますね。

ラストではハモリのベースまででてきます。

6.来週のヒーロー

最初のアルペジオがいつもと違ってきらきらとした音になっていますね。

間奏終わりの静かになるあたりはトレモロがかかったギターの音になっています。

最後の「ゆっくり時間流れろ」のあたりはボーカルが奥に引っ込んだ感じになっていますね。

どうやっているんでしょう。

7.ラファータ

アコギがメインの曲ですね。

間奏のギターはクリーンでふわふわとした感じですね。

この音はSyrupではあんまりなかったかもです。

8.HELPLESS

ロングトーンなギターのフレーズが印象的な曲です。

間奏のベースソロはやっぱりコーラスがかかっていますね。

間奏終わりのボーカルはディレイがかかっていて強調されているようです。

9.君を壊すのは

クリーントーンのエレキからリバーブのかかったアコギのアルペジオにつながる曲。

ほぼアカペラみたいなものなのでボーカルのリバーブが聞こえやすいですね。

途中のCメロのあたりでノイズが入ってきてボーカルにディレイが追加でかかっています。

10.scene through

ギターをかき鳴らす勢いのある曲ですね。

コード進行がちょっと寂しげです。E♭→G♭→B♭→Cmだと思います。

そしてまたもキタダマキさんのベースが冴えますね。やりたい放題な感じです。

11.イマジネーション

ゆったりとしたアルバムの最後にありそうな曲ですね。

いかにもエンディングっぽい雰囲気です。

間奏終わりの「つかめない」のあとはフランジャーがまたまた登場していますが、

ボーカルにもなにかかかっているような感じがしますね。

12.夢からさめてしまわぬように

アコギ弾き語りの穏やかな曲。

最後のボーカルだけボーカルが深くなっていますね。ディレイもかかっているかも。よく聞くとそれ以外でもこっそりディレイがあるようですね。

アルバムの最後を静かな感じで終わります。

まとめ

全体的に音圧が高めな感じになっているかなと思います。

そんなに音は悪くないですが、アレンジが変な感じですね。

アルバムが出た当初もそんなことを言われていたような気がしますが、

だいたい合っているような気がします。

それと、全編に渡ってキタダマキさんのベースが目立っています。

それとこのころから五十嵐さんがストラトをメインで使うようになったのですが、

自分はあんまりストラトの音は好きではないので前のほうがよかったかもですね。

次回の「Hurt」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました