CD Syrup16g「Hurt」

Syrup16g
Syrup16g 音楽

今回はSyrup16gの「Hurt」について書いていこうと思います。

前回の「syrup16g」はこちら↓

Hurt

再結成後の最初のアルバムです。

1.Share the light

イントロのビリビリとしたエレキギターの音が印象的ですね。

何本もギターが入っています。その中にフランジャーのかかった音もありますね。

再結成後のライブで定番の曲になりつつありますが、

ライブではフランジャーを結構使っているような気がします。

ベースはひたすらルートの音しか弾きませんね。

インタビューでも言ってましたが1つのコードで作ってみたそうです。

2.イカれた HOLIDAYS

3/4のゆったりとしつつザクザクとしたギターの激しい曲ですね。

ベースのフレーズが伸びやかです。

Aメロのギターはコーラスがかかっているみたいですね。

3.Stop brain

4/4と5/4の変拍子の曲です。ベースの丸い音が心地いいですね。

「思考停止が唯一の希望」という歌詞がなかなかいいですね。

ベースの丸い音が心地いいですね。

4.ゆびきりをしたのは

なんだかイントロがちょっと演歌っぽいですね(笑

全体的にギターにディレイがかかっているようですね。

「勇気をつかいたいんだろう」という繰り返しがSyrupぽいですね。

5.(You will)never dance tonight

なんかイントロだけ聴くと「イマジネーション」ぽいですよね。

Aメロはやっぱりコーラスがかかっているようです。Depthが深めですね。

ギターソロはオクターブ弾きみたいですね。Syrupではあんまりなかったかもです。(前頭葉くらい?)

6.哀しき Shoegaze

なんだか実弾っぽいですね。

ちょっと外したひねくれている曲だと思います。

ギターソロのフレーズもI Hate Musicみたいな。

7.メビウスゲート

なんか80年台のアメリカのポップスみたいですね。

珍しく間奏はギターとベースでユニゾンです。

歌詞は「ルーティンでなだめる 爆発処理問題

感情のデイトレード 安定高値状態」とかなり遊んでいますね。

8.生きているよりマシさ

PVもあるこのアルバムの代表曲っぽいナンバーですね。

ザクザクなギターとシャッフルビートが特徴な曲です。

なんとなくこの曲ボーカルのリバーブが深めなような・・・

「死んでいる方がマシさ 生きているよりマシさ」

という繰り返しがいいですよね。

歌詞は引きこもりの目線の曲ですけど五十嵐さんがそうだったからなのでしょうね。

9.理想的なスピードで

コーラスの効いたゆったりとしたギターで始まる曲です。

「反省だけはしない 無意識に やってるから

反省だけはしない 死ぬまで」

という歌詞が五十嵐さんらしいなと思います。

10.宇宙遊泳

scene throughみたいな疾走感のある曲ですね。

この曲のドラムが迫力あっていい感じです。

間奏後あたりのCメロは4/4、2/4、4/4、4/4になっているのでしょうか。

ハイテンポなのでライブ映えする曲だと思います。

11.旅立ちの歌

この曲は確か最後にできて入れる予定なかったけど

入れたほうがいいって言われて入れた曲のようですね。

ちょっと明るめの曲調かもしれません。

ですが、最後にぴったりな曲なのではないでしょうか。

まとめ

再結成後の最初のアルバムですが、なんとなくMouth to Mouseから

ラストアルバムを混ぜたような感じがしますね。

個人的には前の力なく歌っている感じが好きだったのですが、

全体的に声に力が入っているところがちょっと重たく感じてしまいます。

あと、音圧が高すぎるせいかギターの音がいまいちかもしれません。

ですが、またSyrup16gが聴けるのはうれしいですね。

次回の「Kranke」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました