CD downy「無題(3rd)」

downy
downy 音楽

今回はdownyのアルバム「無題(3rd)」について書いていこうと思います。

前回の「無題(3st)」 はこちら↓

無題(3rd)

前までの激しさがずいぶんと抑えられ、静かに暗いアルバムになっていますね。

1.鉄の風景

イントロのちょっとピアノっぽいギターの音からのベースのループがとてもいいですね。

ボーカルもぼそぼそとつぶやくように歌っているところが好きです。

ドラムの音がまるで打ち込みみたいですね。

2.アナーキーダンス

ベースのごりごりと変則的なドラムパターンの繰り返しがいいですね。

ギターもリバーブを使った怪しい音をしています。

サビではとてもキリキリとしたギターが雰囲気にぴったりです。

3.抒情譜

ライドシンバルの刻みが3回ずつなところがおもしろいですね。

ベースがボリューム奏法でクレッシェンドしているところがこの曲のポイントだと思います。

珍しくアコギが入っているんでしょうか?

4.形而上学

リバーブの効いたギターからベースがフェードインで入ってきますね。

ギターの音がまるでエレピのようです。

他の曲と比べるとちょっと歌詞が聞き取りやすいかも。

5.暁にて・・・

ノイジーなギターと存在感のあるベースが特徴的な曲ですね。

ベースがなくなってアルペジオとドラムだけになるところは一気に音がひんやりします。

ボーカルのリバーブがいつもよりかかっているような気がします。

6.「  」

タイトルがないのがでてきました。

なんかリングモジュレーターをかけたぽい変な音が鳴っていますね。

ベースの音が優しいです。

7.苒

アルペジオの音がなんとなく鬱屈とした雰囲気を出していますね。

downyには珍しくボーカルを重ねています。

後半のアルペジオが入ってくるところのギターがすごい音してますね。

多分ファズかなと思いますがどうやっているんでしょう。

8.月

月がタイトルにある曲は2ndにもありましたね。

ベースとエレピみたいなアルペジオの音が優しいゆったりとした曲です。

後半入ってくるドラムが手数が多くも静かに入っていますね。

9.酩酊フリーク

1stにもあった曲のリアレンジですね。

こちらのほうがエレピっぽい音がはいっていたり、

サックスが入っていたりで怪しい感じになっています。

聴き比べるとドラムの音量がかなり違いますね。

まとめ

1st2ndとは雰囲気が違った感じになっていると思います。

このアルバムはけっこうお気に入りですね。

静かに暗いところが何回でも聴ける要素になっている気がします。

次回の「無題(4th)」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました