CD Syrup16g「darc」

Syrup16g

今回はSyrup16gの「darc」について書いていこうと思います。

前回の「Kranke」 はこちら↓

darc

曲数は8曲とちょっと少なめですが再結成後フルアルバム二枚目ですね。

1.Cassis soda&Honeymoon

フロアタムの重厚なイントロで始まりますね。

なんとなくYou Say‘No’ににているような気がします。

コーラスにかかっているリバーブがとても深いですね。広い空間っぽくなっています。

2.Deathparade

チョーキングをぐいぐいやったリフが特徴的な勢いのある曲ですね。

ライブ向けな感じがいします。

間奏はキタダマキさんが弾きまくっています。

3.I'll be there

左右交互にPANを振ったディレイギターが目立っていますね。

サビのメロディーが緩やかにきれいです。

ギターソロのフレーズも哀愁がありますね。

4.Father’s Day

最初のアルペジオなんだか薄めにリングモジュレーターがかかっているような気がします。

6/8拍子のゆったりとした曲ですね。

途中から入るディストーションギターがバリバリなっていますが、

ラストのフィードバック音もすごいキリキリしていて迫力がありますね。

5.Find the answer

イントロはもこもこしたミュートギターとコーラスのかかったベースがSyrupらしいです。

3連符を使ったサビのメロディーが印象的です。

間奏では珍しくワウを使っていますね。Syrupだとあまりなかった気がします。

6.Missing

典型的なマイナーコードで始まる曲ですね。Gm→A7のようなきがします。

いつもどおりキタダマキさんのベースが映えますね。

最後のぱらららぱっぱーっていうのはいったい・・・

7.Murder you know

イントロのキラキラとしたギターの音がきれいですね。

「あぁ そっか そうややってやればいいんだ

あぁ 何だ 考えたこともなかった」という歌詞が五十嵐さんらしいです。

メロディーはなんとなく向日葵ににているような?

8.Rookie Yankee

イントロのアコギと混ざったような歪んだギターの音が凶悪ですね。

ベースの音がかなり歪んでいますね。意外と珍しいかも。

地味にメロトロンみたいな音が入っているような?

それはともかくほぼ弾き語りで言いたいこと言って終わる五十嵐さんぽい曲ですね。

まとめ

なぜか全曲アルファベットの曲名になっています。

曲調はちょっとメロウな感じのものが多いかもしれません。

解散後の曲に割といえるんですが、

ギターが歪んだ音でコードバッキングしていることがほとんどなので

あんまり聴いていて面白くないような気がします。

面白いアルペジオフレーズやリフが聴きたいところ。

次回の「delaidback」はこちら↓

Syrup16g 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました