CD Syrup16g「delaidback」

Syrup16g

今回はSyrup16gの「delaidback」について書いていこうと思います。

前回の「darc」 はこちら↓

delaidback

昔からの曲をまとめたdelayシリーズですね。

1.光のような

犬が吠えるのころの「光」のタイトルを変えた曲ですね。

いつものようにイントロの伸びやかなベースがリードをとっていますね。

メロディーは五十嵐さんにしてはとても素直ですよね。

そんな「光」っぽい曲です。

2.透明な日

イントロからのアルペジオはショートディレイがかかっているんでしょうか?

フレーズが「もういいって」にちょっと似ているような気がします。

「君に勝てることは何一つない 他には何も」なんて言ってしまうのが

五十嵐さんらしくて面白いですね。

3.Star Slave

こちらはイントロのアルペジオが「月になって」に似てるような。

やっぱりコーラスのかかったベースはいいですね。

哀愁のあるサビのメロディーがいい感じ。

4.冴えないコード

ザクザクとしたギターストロークが目立つ曲ですね。

ベースもスラップぽくはねています。

最後の裏声がちょっとおもしろいです(笑

5.ヒーローショー

珍しくスネアのパターンで軽やかに始まる曲ですね。

コードが微妙に不協和音っぽくなってるとこがSyrupぽいです。

「一生こんなんじゃ不安です」っていう歌詞は生活っぽいですね。

6.夢みたい

スローテンポでコード弾きなのは夢とちょっとかぶります。

珍しく右のギターはワウを使っているような。

最後はちょっとだけフィードバックして終わります。

7.赤いカラス

この曲は武道館ライブで演奏した曲ですね。

雰囲気はラストアルバムと似ていますがアレンジはそうでもないような気がします。

メロディーはシンプルに、どこか儚いところがいいですね。

8.upside down

この曲は昔からある曲でしたっけ?

コーラスのかかったベースのメインフレーズが心地良いですね。

確かに向日葵とかと雰囲気が似ています。

9.ラズベリー

6/8のゆったりとした曲ですね。

Aメロはボーカルに歪みがかかっているような。

6:31もあるんですね。Syrupでこんなに長いのはあんまりないかも。

10.開けられずじまいの心の窓から

珍しくギターが軽快な曲ですね。

メロディーはいつもよりも上下が多いような。

なんとなくアメリカンな感じ。

11.4月のシャイボーイ

最初のギターのとこだけ前頭葉ににている・・・ような

Aメロのメロディーは上から徐々に下がっていくタイプですね。

「なんもいいことがない」なんて歌詞に書いちゃうのが面白いです。

12.変拍子

イントロはフランジャーかけまくりですね。

変拍子っていうタイトルですが、4/4の中にたまに3/4が混ざる感じですね。

このアルバムではあんまりなかったギターソロがありますね。

13.光なき窓

ギターの音がジャキジャキです。この曲も昔の曲なんでしたっけ?

ドラムはひたすらスネアを叩いている感じですね。

ベースもたまにしか出てこないので弾き語りをしているように聴こえますね。

まとめ

昔の曲が集まっているのアルバムなので

インディーズの頃の雰囲気の曲がちょこちょこありますね。

やっぱり前と同じでギターを聴いていてあんまりおもしろくないような・・・

Mixもなんかダイナミクスがなくていまいちな感じがします。

さて実質活動休止のようですが、いつ戻ってくるんでしょうね~

Syrup16g 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました