CD downy「無題(5th)」

downy

今回はdownyのアルバム「無題(5th)」について書いていこうと思います。

全開の「無題(4th)」はこちら↓

無題(5th)

活動休止から復活して最初のアルバムですね。

どこか暖かな感じがします。

1. 「 」

リバーブをかけたり、様々なエフェクトをかけたギターと、

ボーカルを重ねたイントロダクション的な役割の短い曲ですね。

ギターでここまでいろんな音を作れるのは実験の賜物なのでしょう。

2.赫灼セルロイド

ベースが前面にでたテンポの速い曲ですね。

ギターはアルペジオがメインですが、リバーブで音が滲んでいます。

繰り返されるギターがなんだかモールス信号みたい。

途中で音が消えるので終わったかと勘違いしてしまいます(笑

最後のほうのドラムはやけにリバーブがかかっていますね。珍しいです。

3.曦ヲ見ヨ!

この曲もドラムのハイハットが不規則でスピード感がありますね。

最初のキリキリした音は歯でギターの弦をこすった音でしょうか?

ベースの音がものすごいごりごりですね。これは何のアンプなんでしょう?

4.下弦の月

いきなりリバーブたっぷりの怪しいギターの音で始まるちょっとゆっくりとした曲ですね。

ボーカルがメインな哀愁のある曲です。

最後のほうに出てくるふわふわした怪しいギターの音がどう作っているのかとても不思議です。

5.時雨前

2ndの雰囲気がする鬱屈とした曲ですね。

途中からコーラスの入ってくる「らーいらーいらーい」っていうのがとても不気味。

ここのベースのフレーズがいい感じ。

6.黒

前の曲と隙間がないので同じ曲のような感じがしますね。

いきなりモジュレーションたっぷりのアルペジオですね。

それにしてもドラムのフレーズがすさまじいです。

7.春と修羅

3/4と4/4の変拍子の曲です。ベースのリフがいい感じ。

まるでギターの音がピアノのよう。

downyはどうやって作るのかわからない音ばかりですね~。

この曲は珍しく途中からシンセが入ります。

8. 雨の犬

クリーントーンのアルペジオのイントロですね。

相変わらずリバーブの深いおどろおどろしいギターです。

ドラムはライドを叩きまくりです。3連符がまざっている?

9.燦

この漢字なんて読むんだろうとおもったら「さん」と読むらしいです。

これ拍子はどうなっているんでしょう?

3/4と2/4の繰り返しのような気がしますがちょっと違うかも。

メロディーは伸びやかなロングトーンが中心ですね。

10.或る夜

最初のオーケストラのストリングスみたいな音もギターで作ってるみたいですね。

よくこんな音を作れるなと毎回思います。

中盤の後ろのほうのバスドラムの連打がすごいですね。

最後のストリングス風な音の速弾きが凄まじいです。

11.椿

中東風なフレーズのアコギがイントロになっていますね。

アコギが出てくるのは珍しいです。

この曲にもシンセ風な音が入っていますがこれもギターなんでしょうか?

ラストはイントロと同じアコギのフレーズで締めます。

まとめ

今回のアルバムからボーカルの音量が大きいですね。

これはインタビューを読むと狙ってやっているみたいです。

どちらかというとぼそぼそしたボーカルのほうが好きだったので

あんまり大きくないほうがいいのですが、

まあこれはこれでいいかなと思います。

次の「無題(6th)」はこちら↓

downy 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました