CD Muse「Origin of Symmetry」

Muse
Muse 音楽

今回はMuseのアルバム「Origin of Symmetry」について書いていこうと思います。

前回の「Showbiz」はこちら↓

Origin of Symmetry

Museの2ndアルバムです。

2枚目になって一気に音がきりっとしましたね。

1.New Born

ピアノ弾き語りからバリバリファズの轟音になるとても熱い曲ですね。

Museの代表曲の一つだと思います。

ギターソロのワーミーを使ったフレーズがサイケデリックですね。

自分もワーミーほしいなあ。

2.Bliss

アルペジエーターの荘厳なフレーズが印象的ですね。

なんていうかベースの音がシンセベースっぽくて耳に残ります。

それにしてもマシューさんのファルセットボイスがよく響いていますね。

3.Space Dementia

クラシックぽいピアノがとても目立つスローな曲です。

間奏後のボーカルにはフランジャーがかかっているみたい。珍しいですね。

アウトロはガシャーンと壁が崩れたような音からピアノのきれいな音が響いて

なんだかカオスな感じになりますね。

4.Hyper Music

Aメロでのベースのフレーズが好きですね。

クラッシュシンバル叩きまくりなMuseらしい曲だと思います。

最後のビリビリとしたノイズがファズファクトリーらしくていいですね。

5.Plug in Baby

この曲はなんだか有名だったような気がしますね。

最初の発振音はファズファクトリーですね。この音大好きです。

ベースもエンベロープフィルターがかかっているようなエグイ音をしています。

6.Citizen Erased

ハーモニクスを用いたリフが強烈ですね。

ギターソロはファズの発振とワウの合わせ技でしょうか?

とてもエモーショナルです。

後半はゆったりとしたアルペジオで静かに続きますね。

7.Micro Cuts

アルペジオリフとごりごりのベースが印象的ですね。

この曲もファルセットボイスが通して使われています。

アウトロの急にテンポが早くなるところが好きです。

8.Screenager

アコギが中心でイタリアチックな曲ですね。

この曲もサビではアルペジエーターがバックで割と派手に使われていますね。

パーカッションも入っているしっとりとした曲だと思います。

9.Darkshines

なんだか怪しげなギターの音ですね。アームを使っているんでしょうか?

フラメンコっぽいフレーズも入っていますね。

サビ前のでたらめなピアノの音が不安感を煽っています。

そしてサビの爆発がすごい曲です。マシューさんの声が悲鳴のよう。

10.Feeling Good

トレモロのかかったエレピの音がどことなくレトロですね。

曲調はスローで重たい感じですが、メロディーになんとなく聞き覚えがあるような・・・

サビのドーンと爆発するようなところはMuseのおはこですね。

11.Megalomania

イントロはシンセがふわふわとした音が複雑に絡まっていますね。

そしてサビで入ってくるオルガンの音が荘厳です。

ラストの終わり方がなんかとても壮大でちょっとおもしろかったり。

まとめ

前のShowbizと比べてどーんと派手になりましたね。

音圧もぐんとあがりました。

ライブで定番っぽい曲も入ってきてここからがMuseっぽい感じもします。

ファズファクトリーを使っていると聞いてファズファクトリー買っちゃいました。(昔ですが)

今でも大好きなエフェクターです。

次回の「Absolution」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました