CD 椿屋四重奏「CARNIVAL」

椿屋四重奏
椿屋四重奏 音楽

今回は椿屋四重奏の4thアルバム「CARNIVAL」について書いていこうと思います。

前回の「RED BEST」はこちら↓

CARNIVAL

なんていうかカラッとした曲が多いですね。

1.別世界

シャッフルぽいカッティングギターが軽快ですね。

ボーカルをよく聞くとリバーブが多めな気がしますね。

Bメロのギターのアルペジオもリバーブがうまく使われていると思います。

間奏後のところはなんだか変拍子になっているようですね。3/4が混ざっている?

別世界というタイトルだけあって新しい世界に入っていくわくわく感がうまく表現されていると思います。

2.太陽の焼け跡

ドラムからいきなりサビで始まる曲ですね。

Aメロはギターのバッキングが面白いです。

ギターソロはどこかイタリアンな感じがするフレーズのような気がします。

「他にはなにもいらない 君が知りたい」という歌詞が心に残りますね。

3.CRAZY ABOUT YOU

ピアノが入っているなんとなくアメリカンな曲です。Rhapsody in Blueみたいな。

やっぱり、ギターとピアノの絡みがこの曲の魅力ですね。

間奏のコーラスの重ねがとても多いですね。何回録音したんでしょう?

最後の「幻に騙されよう」という歌詞がとても中田さんらしいですね。

4.スピード

コーラスのかかったギターとシンセが中心のタイトル通りスピード感のある曲ですね。

地味にベースの音もかなり硬くていい音してます。

サビのちょっとスリリングなメロディーが好きだったり。

間奏後でゆっくりになるところがいいですね。

5.空に踊れば

アコギから始まる切なげな曲です。

ところどころ出てくる正弦波のシンセ音がいい役割をしていると思います。

こっそり入っているオルガンも暖かな音で素敵ですね。

「見慣れたこの世界をはみ出して」という歌詞がありますね

中田さんの歌詞は日常から非日常に誘うフレーズが多いなあと思います。

6.シアトリカル

アルペジオのリフがとても印象的です。

そしてこの曲はやっぱりベースのフレーズがとてもいいと思います。

珍しく裏打ちハイハットが使われていますね。

横乗りで踊るのに向いている曲なんじゃないかなと思います。

シンセソロがとても素敵。その後はしばらくドラムとボーカルだけになりますが、

バスドラムにリバーブがかかっているのがわかりますね。

7.LOVE CREATURES

ワイルドに歪んだギターとオルガンが目立つ曲ですね。

曲もなんていうか豪快なメロディーをしていると思います。

ギターソロはフェイザーがかなり効いていますね。

シンセの音の音だけになってラストです。

8.フィナーレ

じゃきじゃきなカッティングリフが特徴的な曲ですね。ちょっとだけ雰囲気がシリアスかも。

サビになるとスローテンポになるところが好きだったり。

ギターソロは左右のギターがハモリになっています。なかなか面白いことをしますね。

9.僕にとっての君

若干ハワイアンなバラード曲ですね。パーカッションの音が印象的です。

「もう一度あの日へ 時計の針を戻すのさ」というノスタルジックな歌詞が魅力的ですね。

アコギの音がきれいに録音されていますね。

10.シンデレラ

アコギ弾き語りで始まるちょっとダークな曲ですね。配信限定シングルにもなったようです。

ピアノの音がいつもよりきれいなような・・・

オルガンも地味ですがとてもいい働きをしていると思います。

アコギのソロは3連符多めでなかなかテクニカルですね。フレーズも好みです。

ラストはフェードアウトですね。

11.SAD GIRL SO BAD

軽快なギターリフが特徴的なハイテンポ曲ですね。

地味にベースがかなり忙しいですね。音もかなりゴリゴリです。

ソロはギターとベースでユニゾンですね。他のパートもやりたい放題でかなりカオスです。

12.アンブレラ

バリバリとしたギターから始まるスローでセンチメンタルな曲ですね。

Bメロあたりからストリングスが出てきてゆったりときれいなところを強めている気がします。

間奏のピアノの音が若干歪んでいているところがレトロで良いと思います。

「生まれ変わったら 救われるとか ただの慰めだろ」

という歌詞がぐっときますね。

最後のギターアルペジオだけになって終わるところが哀愁を出していると思います。

13.夜の行方

ピアノとボーカルだけのバラード曲です。音数が少なくボーカルが目立ちますね。

ピアノは強弱のつけかたがうまいと思います。

「長い月日にささげたすべては 嘘じゃない」

という歌詞が解散してしまった椿屋四重奏と重なってぐっときます。

まとめ

なんとなくからっと乾いた砂漠にいるような感じのアルバムですね。

前作(TOKYO CITY RHAPSODY)は夜をイメージする曲が多かったですが、

今作は昼っぽい曲が多いと思います。(最後の曲は夜の曲ですが)

インタビューで「 TOKYO CITY RHAPSODYは女性的なアルバムでCARNIVALは男性的なアルバム」

と言っていたような気がしますがだいたいそんな感じですね~。

次の「孤独のカンパネラを鳴らせ」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました