CD 中田裕二「ecole de romantisme」

中田裕二

今回は中田裕二さんの1stアルバム「ecole de romantisme」について書いていこうと思います。

ecole de romantisme

ソロになって最初のアルバムですね。

落ち着いた曲が多いです。

1.sunday monday

ピアノとクリーントーンのギターがジャジーな曲ですね。

ライドシンバルの響きがよく聴こえます。

シックで大人な雰囲気の曲です。音圧も控えめで落ち着いていますね。

2.リバースのカード

ちょっとレトロなピアノとアコギから始まるちょっと跳ねた曲ですね。

この曲はソロを始める少し前からあったようです。

ハイハットの音がバシャバシャとしていて特徴的です。

エレキギターにかかっているリバーブも曇った感じでいいですね。

3.LOST GENERATION SOUL SINGER

カントリーぽいピアノが印象的に響く陽気な曲です。

スネアの音がパン!と強めな音をしていますがリバーブで奥にいっていてあまり目立たない感じがうまいなと思います。

「簡単さ 生まれ変わればすむのさ」

という歌詞がなんていうか幻想的ですね。

4.迷宮

この曲はアルバム中で椿屋四重奏の曲調に一番近いかもしれませんね。

イントロAメロの開放弦アルペジオフレーズと右から聴こえてくるピアノと

サビでのざくざくに歪んだギターがこの曲の特徴かなと思います。

5.バルコニー

打ち込みのドラムが用いられたバラード曲ですね。

とてもしっとりとしていてメロディーがきれいです。ストリングスも効果的に使われていますね。

そしてエレピの音も曲に抜群に合っています。

「君を忘れたいから 僕のことも忘れて 正しいとか間違いじゃなくて

愛し合ったことに 嘘つかずに」

という歌詞が好きです。お気に入りの曲ですね。

6.記憶の部屋

イントロのコーラスが特徴的ですね。「ねーよー」って聴こえます(笑

サビのメロディーがノリが良い感じ。

クリーンめなギターソロのフレーズが面白いですね。

7.ベール

シタールみたいなギターのイントロフレーズが面白いですね。

この曲もちょっとどろどろっぽい雰囲気がありますね。

ギターソロはリバーブが多めにかかっていて滲んだ感じ。

8.白日

クラシックギターの音が優しいバラード曲ですね。

途中のピアノとボーカルだけになるところが好きだったり。

「確かな思いには不確かな思いが つきまとい 視界を曇らすけど 君だけは違ったね」

このフレーズがぐっときますね。

9.虹の階段

イントロは華やかなオルガンの音とコーラスのかかったギターアルペジオがきれいですね。

Aメロのタカタカとしたスネアが軽快ですね。ギターソロもコーラスがかかった音でしょうか。

アウトロのオルガンだけになるところが素敵です。

10.endless

3/4のゆったりとした曲ですね。

ピアノやストリングスが目立つ曲だと思います。

「笑い泣き 喜び ときおり哀しみ そして願うだろう

だけどいつかは 幕が下りるね そしてまた生まれよう」

という歌詞がいいです。

11.ご機嫌いかが

ギターリフが中心なちょっと勢いのある曲ですね。

ソロはシンセがかなりミョンミョンやっています。

アウトロはオルゴールみたいな音になってちょっと寂しげ。

ですが、アルバムのラストっぽいですね。

まとめ

シックで大人しめなアルバムになっています。

当時中田裕二さんはソロになったからいつもと違う感じにしなくちゃと思っていたらしいです。

なのでソロ初めの頃の曲は自分でやっていても難しいんだとか。

それもなんとなくわかるような気がしますね。

次回の「MY LITTLE IMPERIAL」はこちら↓

中田裕二 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました