CD Muse「Drones」

Muse

今回はMuseのアルバム「Drones」について書いていこうと思います。

前回の「The 2nd Law」はこちら↓

Drones

Museの7thアルバムです。

ジャケットの絵がなんとなく意味深ですね。

操られているってことでしょうか。

1.Dead Inside

「Dead Inside!」の掛け声からはじまるちょっとシリアスな曲ですね。

なんていうかスネアの音がかなりコンプ強めで特徴的です。

全体的に音数少なめでいい感じですね。

ギターソロの音がファズのかかったちょっと変わった音ですね。不思議です。

2.[Drill Sergeant]

よくわからない会話が入ったトラック。

「Do you understand?」と「I so」いうフレーズが印象的ですね。

「I so」のほうはいまいち正確かどうかわかりませんが。

3.Psycho

この曲のリフはライブ動画でみる通称「Muse音頭」と同じですね。

シャッフルなノリの良い曲ですね。ベースの音がいい感じに歪んでいて好みです。

どうやら前のトラックの会話がところどころ使われているようですね。

4.Mercy

ピアノの音から始まる耽美な曲ですね。

やっぱりベースの歪みが強いです。なんお歪みなんでしょうね?

サビのメロディーがとてもきれいです。Mercyとは慈悲という意味だそうですね。

その裏のギターの音が荒々しくてかえって雰囲気にぴったりです。

5.Reapers

リバーブ強めなドラムからタッピングのギターで始まるテンポ速めな曲ですね。

曲はテンポが変わったり展開が目まぐるしいです。

ギターソロがいいですね。ワーミーを使ったりとやりたい放題な感じがお気に入りです。

6.The Handler

重たいリフが特徴的なちょっとシリアス調の曲です。

Bメロのベースが伸びやかなのがいいですね。

中盤のギターソロはゆっくりとしたフェイザーを使っているんでしょうか?

7.[JFK]

こちらも映画の会話を抜き取ったようなトラック。

こちらは会話というよりは一人で喋っているようですね。

8.Defector

スローな曲ですが、なんとなくアメリカ国家を思わせる曲調です。

Aメロはフランジャーのかかった音がゆっくりとうねっていますね。

ギターソロはオクターブフレーズのほうですがワーミーが効いていてエモーショナルです。

ストリングスも効果的に使われています。

9.Revolt

よくわからないサイレンの音からベースで始まる曲です。

Aメロ最後は3連符のフレーズが印象的ですね。

サビは伸びやかなボーカルが心地いいです。

ギターソロの音がちょっとQueenっぽいかも?

10.Aftermath

ストリングスとハープ(?)が中心のバラード曲ですね。

中盤ソロはギターのようですが、リバーブがかかっていて幻想的ですね。

後半は割と歪んだギターがソロになって、コーラスが増えますね。

Museのバラードらしい、きれいな曲だと思います。

11.The Globalist

10分もある長い曲です。最初は口笛が中心ですね。

少しするとアームの効いたクリーンギターがメインになります。

中盤から歪んだギターのリフになって、だんだんダークになっていきますね。

ドラムが入るとかなりカオスに。

終盤はピアノが目立ってきて穏やかな感じになりますね。

10分あるだけあって曲調変化の豊かな大作です。

12.Drones

賛美歌のような合唱で構成された神々しい曲ですね。

コーラスは誰なんでしょうね?

しっとりと締めるアルバムの最後にはぴったりだと思います。

まとめ

ギターが中心の激しめなアルバムですが、どこか落ち着いたところがありますね。

今までとは似ているようで似ていない、そんな雰囲気があります。

聴いた最初はちょっといまいちかもと思ったのですが、

今聴くと結構いい感じだなと思いました。

次回の「Simulation Theory」はこちら↓

Muse 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました