CD Muse「Simulation Theory」

Muse

今回はMuseのアルバム「Simulation Theory」について書いていこうと思います。

前回の「Drones」はこちら↓

Simulation Theory

Museの8thアルバムです。

ジャケットに謎の漢字(中国語かも)がありますね。

いまいち意味はわかりませんが・・・

調べてみると「三つの事物のうち一つを選ぶ状況で迷うこと」

というのと「不可能の三角形=国際金融のトリレンマを意味する単語」

というものが出てきました。どれが本当なんでしょうね?

1.Algorithm

打ち込みの強烈なドラムと電子音のリフから始まる曲ですね。

途中フランジャーがかかっていたりシンセが出てきたりピアノが出てきたりと

いろいろ凝ったことをしています。

壮大な雰囲気ですが、曲は序曲といった感じでややぶつ切りな感じで次の曲にバトンを渡していますね。

2.The Dark Side

シャッフルな横ノリダンスビートですね。

なんていうか変な曲ですね。ちょっとオカルトチックかも。

ギターソロはハーモナイザーがかかっている感じがします。

3.Pressure

シンセのリフと手拍子が特徴的な曲ですね。なんとなくヒップホップぽいかも?

間奏でちらっとでてくるギターはファズがかかっていて刺激的な音をしていますね。

ベースの音も結構歪んでいていい感じ。

4.Propaganda

最初と随所に出てくるボコーダーを通した声は何なんでしょう。ちょっと笑ってしまいます(笑

曲としては重めだけどポップな感じでしょうか?

ソロは珍しくアコギのスライドギターのようですね。

5.Break It to Me

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンみたいなギターのリフで始まりますね。

Aメロは口数が多くてラップのようです。音階はインドっぽい?

サビのバックはシンセが多いような気がしますね。

終わり際のソロはサンプリングをがちゃがちゃやっている感じですね。

6.Something Human

アコギアルペジオがメインな柔らかい曲ですね。

バスドラムの音がとても配分が大きい気がします。

この曲のメロディーどこかで聴いたことがあるようなきがするんですがなんでしたっけ?

7.Thought Contagion

やけにヘビーで壮大な曲ですね。派手なコーラスの圧力がすごいです。

ベースの重たいフレーズがいいですね。

ギターソロはワーミーを使っているような音をしていますがどうなんでしょう?

8.Get Up and Fight

謎の女声コーラスから始まる曲です。

サビに入るところのスネアの音が迫力満点で気持ちいいですね。

全体としては、スケールの大きいドラマチックな曲になっているかなと思います。

最後付近のマシューさんの高音ボーカルがいいですね。

9.Blockades

シンセのアルペジエーターのフレーズが長く流れていますね。

曲としてはこれもヘビーで重厚な感じになっていると思います。

間奏前のドラムのタム回しが難しそうですね。

ギターソロはこれもハーモナイザーでハモっている?シンセもありますね。

10.Dig Down

フィルターの効いたシンセベースみたいな音で始まるゆったりとした曲ですね。

この曲もコーラスが大体的に使われています。

ギターソロは割とエモーショナルに弾きまくっていますね。

11.The Void

シンセとボーカルだけで始まるちょっとシリアスな曲です。

シンセの音がかなりえぐいですね。

後半からピアノが出てきて切ない感じになります。

シンセベースの音がだんだん小さくなっていって曲を締めます。

まとめ

なんていうか変なアルバムですね。

音数が多いせいでメインに置きたい楽器がどれなのかわからずぼやけているような気がします・・・

このアルバムも時間が経ったらいいアルバムだと思うようになっているでしょうか?

もうしばらく待ってみることにします。

次のMuseのアルバムはどうなるんでしょう。

デラックスバージョンにはAlternate Reality VersionやAcoustic Versionなどのボーナストラックが

5つほどありますね。

Muse 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました