CD 中田裕二「BACK TO MELLOW」

CD 中田裕二「BACK TO MELLOW」

今回は中田裕二さんの4thアルバム「BACK TO MELLOW」について書いていこうと思います。

前回の「アンビヴァレンスの功罪」はこちら↓

BACK TO MELLOW

タイトル通り昭和感のあるアルバムのような気がします。

1.愛の摂理

アコギの効いたイントロが印象的ですね。

全体の曲調は中田裕二さんらしいどろっとした感じですが、どこかレトロさが混ざっているような気がします。

ソロもアコギですが、全編にわたってアコギが目立つ曲ですね。

2.誘惑

配信シングル曲にもなった曲ですね。

ソロになってから一番の代表曲なんじゃないかと思っています。

ついこの曲を口ずさんでしまうんですよね。

バックはワウの効いたギターとオルガンの音がメインですね。

ソロはとても拳の効いたサックスです。とても力が入っていますね。

そして、エレピの音がとてもきれい。

3.世界は手のうちに

ノリの良いちょっとアップテンポな曲ですね。

この曲はベースのフレーズがとても心に残ります。

間奏はシンセがメインですがかなりカオスな感じですね。おもしろいです。

踊れるライブ向けな曲だと思います。

4.そのぬくもりの中で

この曲もアコギがイントロから目立っていますね。

ゆったりとしたバラード曲です。メロディーがとてもきれいですね。

「同じ朝を迎えるなら その温もりに抱かれたまま

君の声を 君の姿を 確かめて目覚めたい」

という歌詞がメロディーにとても合っていますね。

5.未成熟

ギターのリフがどこかハードボイルドですね。

シリアスでどろっとした中田裕二さんらしい曲だと思います。

「傘はいらないと君は 街へ消えた 肩の荷が下りたようで 追う気もなかった」

と、歌詞もハードボイルドです。

6.髪を指で巻く女

前曲と一転して軽い感じのすかした曲ですね。

サビはワイルドなメロディーですね。最後のほうはオルガンが目立っています。

右には地味にトレモロをかけたギターがありますね。

「リスキーだ リスキーだ」というのが「ウィスキーだ ウィスキーだ」

に聴こえてました(笑

7.PURPLE

イントロのリバーブのかかった効果音のような音からギターリフと重たいドラムの音が一気にくるシリアスな曲ですね。

Bメロではディレイをうまく使ったフレーズが印象的ですね。

ギターソロの音がなんだか変わった音をしていますね。デチューンあたりを使っているんでしょうか?

最後のシンセの音が太くていい感じ。

8.ドア

最初のストリングスの音がなんだかレトロですね。昔の歌謡曲のよう。

曲そのものはゆったりと穏やかな曲ですね。

全体的に楽器の音が温かいです。この曲にぴったりですね。

9.薄紅

この曲も配信シングルになったようですね。

アコギの音がはじけているようできれいに録音できています。

サビではピアノが華やかなフレーズを弾いていますね。

全体的に重い雰囲気の曲です。若干今までと違うかも?

ラストはアコギのハーモニクスですね。

10.サブウェイを乗り継いで

アコーディオンの音がレトロな雰囲気を出していますね。

優雅な旅の感じを思い起こす曲です。サブウェイというより馬車に乗ってるイメージ。

途中でラジオの声が入っているのがおもしろいですね。

11.LOVERS SECRET

横乗り感満載の踊れる曲ですね。ちょくちょく入るトランペットの音が肝です。

この曲もギターソロの音が不思議ですね。フェイザーがかかっている?

「心はもう君の瞳の中 吸い寄せられて

甘いささやきで また連れ出して」という歌詞がお気に入り。

最後のスネア?のような音はかなりリバーブがかかっていてぱきっと曲を締めていますね。

まとめ

タイトル通りレトロな雰囲気ですね。なんとなく大正か昭和始めあたりのイメージでしょうか?

「MY LITTLE IMPERIAL」と違うところはこっちのほうがややハードボイルド風なところだと思います。

ジャケットのモノクロで古めな建物の前に立っている感じが似合いますね。

どうやら通常版と限定版でジャケットが違うようです。

次回の「LIBERTY」はこちら↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。