CD Mogwai「Happy Songs for Happy People」

Mogwai
Mogwai 音楽

今回はMogwaiの「Happy Songs for Happy People」について書いていこうと思います。

前回の「Rock Action」はこちら↓

Happy Songs for Happy People

Mogwaiの4thアルバムです。シンプルなジャケットですね。

タイトルはなんとのなく皮肉っぽい?

1.Hunted By a Freak

アルペジオで進んでいく穏やかな曲ですね。

声のサンプリングをかなり加工した音がなんだか不気味な感じです。

徐々に音が増えていって迫力が増すところがMogwaiっぽいですね。

2.Moses? I Amn't

おもしろいタイトルですね。

重めなシンセの音で始まるどんよりとした曲ですね。

途中から入ってくるストリングスとのハーモニーがとても重厚です。

リバーブの多めにかかった打ち込みっぽいスネアの音が印象的。

ラストの発信音もいい余韻を残していますね。

3.Kids Will Be Skeletons

ハーモニクスの柔らかい音で始まるちょっと神秘的な曲ですね。

この穏やかな雰囲気のままシンセ、ギターと音数が増えていき、

また音数が少しづつ減っていき緩やかに終わっていくところに綺麗な様式美を感じます。

一番音数が増えるところで高音を鳴らしているのはシンセかディレイのかかったギターかちょっと聞き分けしづらいですね。どっちなんでしょう?

4.Killing All the Flies

この曲もアルペジオがメインで曲が進行していきますね。

途中から入ってくるコーラスのかかっているような音はギターなんでしょうか?

中盤あたりから轟音ギターが入ってきますね。この轟音がやっぱりMogwaiの一番の聴きどころ。

5.Boring Machines Disturbs Sleep

左のギターの音がとても変な音をしています。これはレイトはやめのトレモロでしょうか?

右のギターはリバーブがかなり効いていて幻想的に響いていますね。

ちょっとしたボーカルも入っています。

スローな落ち着く曲ですね。

6.Ratts of the Capital

6/8拍子で、アルペジオメインの曲ですね。

この曲も、音数が増えたり減ったりの抑揚がとても綺麗です。

後ろでこっそりと鳴っているクラッシュシンバルがポイントだと思います。

中盤からはまたまたディストーションギターの轟音ですね。

Mogwaiはやっぱりこれです。ディレイの発信音のようなジュワーとした音も混じっていますね。

最後のギターのフレーズはなんだかホラーみたいな感じがします。

7.Golden Porsche

アルペジオ主体の暖かで穏やかな曲ですね。

途中から入ってくるピアノのフレーズからはなんとなく壮大さを感じます。

ストリングス(チェロ?)の音は暖かみがありつつも退廃感を出しているような気がします。

最後はフィードバックの音のみが残りなんとなく切なさを感じますね。

8.I Know You Are But What Am I?

古っぽいピアノの音が繰り返す響きが寂しげですね。

ドラムの音は強めにゲートがかかっていてぶつ切りになっています。不思議な感じですね。

ピコピコなシンセの音とキラキラとしたベルのような音がこの曲を特徴づけています。

最後はピアノの音がしっとりと締めていますね。

9.Stop Coming to My House

バックのリバーブのかかったホワーとした音が少しづつ大きくなって始まるこれまた神秘的な曲ですね。

ベースの音がとても重たいですね。そして途中から入ってくるドラムはまた歪んでいます。

ギターの轟音もなんとなく優しい感じ。ヒューとした音はディレイの発振音でしょうか?

最後の鉄琴のようなキーボードの音の繰り返しが幻想的にアルバムを締めます。

10.Sad DC

日本盤のみのボーナストラックです。

基本は穏やかなアルペジオで進行しますが、サンプリングを揺らしたような音が不気味な感じ。

ピアノもシンプルな響きをしていますね。

ラストはアルペジオがだんだん小さくなっていって終わりですね。哀愁を感じます。

まとめ

より幻想的で綺麗なアルバムだと思います。

退廃的な美しさを持っているような気がしますね。

ストリングスとピアノの使い方がうまいですよね。

次回の「Mr. Beast」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました