CD Mogwai「Hardcore Will Never Die, But You Will.」

CD Mogwai「Hardcore Will Never Die, But You Will.」

今回はMogwaiの「Hardcore Will Never Die, But You Will.」について書いていこうと思います。

前回の「The Hawk Is Howling」はこちら↓

Hardcore Will Never Die, But You Will.

Mogwaiの7thアルバムです。

今回も意味深なタイトルですね。

1.White Noise

ホワイトノイズという意味ありげなタイトルですね。

最初は人混みの声ではじまります。Aメロはライドシンバルの音がキラキラとしていて印象的ですね。

全体的には、ピアノの音が神々しい響きをしていてなんだか明るい雰囲気の曲のような気がします。

ギターの轟音もリバーブで滲んだ音になっているみたいですね。

2.Mexican Grand Prix

クリック音のぶちぶちという音とシンプルなシンセの音が特徴的ですね。

ベースのフレーズもシンプルです。そしてボーカルが入っていますね。

なんだかMogwaiっぽさもありますがなんとなくポップですね。

メロディーや伴奏からSonic Youthの雰囲気を少しだけ感じます。

3.Rano Pano

ノイジーなファズのかかったギターがヘビーな音ですね。

フレーズがゆらゆらとしていて怪しい雰囲気を感じます。

ラストのベースとノイズがとても刺激的でいいですね。

4.Death Rays

なんだか物騒なタイトルですね。

オルガンぽいシンセの音がどことなく神聖な雰囲気を作っている気がします。

ギターの音がめちゃくちゃ分厚いですね。こんな感じの歪みが好きです。

5.San Pedro

テンポ早めなノリのいい曲ですね。

ドラムのシンプルなビートがいい感じですね。

最後のリフがドラムも4分になっていていい終わり方になっていると思います。

6.Letters To The Metro

ピアノ主体のちょっとシリアスな曲ですね。

この曲もライドシンバルの響きがきれいですね。

ギターの音もクリーンでちょっとダークな音をしています。

7.George Square Thatcher Death Party

歪んだベースが強烈な曲ですね。

エンベロープフィルターをかけたみたいなボーカルも入っていますね。

なんとなく陽気で明るい雰囲気の曲だと思います。

8.How to Be a Werewolf

クリーントーンのギターが温かい音ですね。

バックの音はピッチシフターとリバーブをかけてボリューム奏法をしたギターでしょうか?

この曲もノリのいいシンプルなビートですね。

9.Too Raging to Cheers

スローで重たい曲ですね。最初の方はシンプルなシンセの音がきれいです。

中盤はストリングスの音がとても優雅ですね。

後半の轟音がとても分厚くて迫力ありますね。それにしてもメロディが変な譜割りになっています。

10.You’re Lionel Richie

かなりスローテンポで静かな曲ですね。最初の方には電話でしゃべるような声も入っています。

ギターのアルペジオはトレモロがかかっていますね。

中盤から歪ののったギターとドラムが入ってきてヘビーになります。

ゆったりとしたリフを繰り返してアルバムの締めですね。

まとめ

なんとなくいつもより明るい曲が多いような気がします。

なんとなくですがいつもよりドラムの存在感があるような気もします。

こういう感じもまたいいですね。

created by Rinker
¥1,294 (2019/12/08 22:46:40時点 楽天市場調べ-詳細)

次回の「Rave Tapes」はこちら↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。