Pulsar Audio – Muについて

Pulsar Audio – Muについて

今回はPulsar Audio「Mu」について書いていこうと思います。

Mu

真空管コンプレッサー/リミッターのエミュレーションプラグインのようです。

元ネタはMANLEYのMUという機種らしいです。

MANLEY / Stereo Variable MU

見た目も結構似ていますね。

パラメータ

UIを見てみるとDUAL INPUTTHRESHOLDATTACKRELEASE

OUTPUTなどといったコンプレッサーの一般的なパラメータに加えて

あると便利なMIXSIDECHAINSIDECHAIN EQ、といったあると便利なパラメータも備えてありますね。

また、M-Sモードも選択できるようです。

ちなみに上部のメーターはモード切り替えができます。

では音を聞いてみましょう。

ドラム

まずいつものバイパス↓

こちらがデフォルトで通しただけ↓

しっとりと落ち着いた感じになりますね。

次にDUAL INPUTを8.00に上げてみます。

一気に音が持ち上がりましたね。

さらに16.0にしてみます。

インプット上げすぎ感はありますが、それでもわりときれいになっているかなと思います。

次にDUAL INPUTを8.00、THRESHOLDを3.00にしてATTACKを遅めにしてみます。

音がぎゅっと締まりましたね。

次にLIMITモードにしてデフォルトです。

リミッターらしく音が抑え込まれている感じがありますね。

次に、THRESHOLDを3.00にしてみます。

音が小さくなり、しっかりとリダクションがかかっているのがわかります。

ベース

次にベースです。まずいつものバイパス↓

こちらがデフォルト↓

ほんのりと太さが付加されましたね。

同様にDUAL INPUTを8.00にしてみます。

もこっとした感じになりました。

次にデフォルトからTHRESHOLDを3.00に

こちらも音が濃くなる感じがありますね。

次にLIMITのデフォルトにしてみます。

LIMITモードのほうが音がすっきりとしていてベースにはいいかもですね。

次にTHRESHOLDを3.00にしてみます。

ややごつごつとした音ですね。

最後に、デフォルトからDUAL INPUTを8.00にしてみます。

力強い音ですね。やや低音が抜けているような気もします。

まとめ

割と変化は控えめですが、上品に音をまとめてくれるコンプレッサーかなと思います。

いろいろな使いやすそうな音をしているような気もしますね。

ショップサイトはこちら↓

Pulsar Audio – Mu

サウンドハウス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。