Acustica Auudio – SAND 3について

plugin
plugin

今回はAcustica Auudio「SAND 3」について書いていこうと思います。

SAND3

SSLのモデリングプラグインのようですね。

内容としては、

↑チャンネルストリップ

の6種類(PREはEQに含まれているのとチャンネルストリップで実質4種類)です。

とりあえず順番に見ていきましょう。

今回のバイパス(いつもの)↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-bypass.wav

COMP

とりあえずデフォルトはこんな感じ↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-comp-default.wav

適当にパラメータを当ててみます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-comp-tekitou.wav

音に力強さがプラスされますね。

もう少しINPUTを上げてみます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-comp-tekitou-input12.wav

シンバルの伸びが長くなる感じがありますね。

PREを入れてみます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-comp-tekitou-input12-pre.wav

音がきめ細かくなるような気がします。

コンプモードをCCにしてみます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-comp-tekitou-input12-pre-cc.wav

CAと比べて若干ですが落ち着きがあるような気がします。

次にCBです。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-comp-tekitou-input12-pre-cb.wav

音量が急に上がりますね。

さてここで同じSSLのシュミレートプラグインであるbx_townhouseと比較してみましょう。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-bx_townhouse.wav

割と似た音をしていることがわかりますね。記事はこちら↓

本当はCoral2のSandモードとも比較してみたかったのですが、自分のPro toolsがCoralを読み込まなくなってしまったのでできませんでした。

EQ

とりあえずデフォルト↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-default.wav

ちなみにですが、左下と右下のつまみでメーターの表示を切り替えることができます。

IN(左)は3種類ですが、OUT(右)は何種類もメーター表示があります。

今回はローとハイミッドを見ていきます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-low-boost-A.wav
↑A
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-low-boost-B.wav
↑B
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-low-boost-C.wav
↑C

Aが一番もこもことした感じになって、B、Cといくにつれておとなしくなりますね。

次はカットしてみます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-low-cut-A.wav
↑A
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-low-cut-B.wav
↑B
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-low-cut-C.wav
↑C

やはりAの変化が一番大きいですね。意外とBが低域のカット量が少なめです。

次はハイミッドです。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-high-mid-boost-A.wav
↑A
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-high-mid-boost-B.wav
↑B
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-high-mid-boost-C.wav
↑C

やはりAが変化量大きめです。Cがわりと自然かもしれません。

次にカットです。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-high-mid-cut-A.wav
↑A
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-high-mid-cut-B.wav
↑B
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-high-mid-cut-C.wav
↑C

こちらもローとおおよそ同じ結果ですね。Bのカットは控えめです。

次にハイパスフィルターです。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-high-pass-A.wav
↑A
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-high-pass-B.wav
↑B
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-high-pass-C.wav
↑C

Aのカットが他と比べると少なめのように感じます。

おまけにローパスフィルターです。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-low-pass-A.wav
↑A
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-low-pass-B.wav
↑B
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-low-pass-C.wav
↑C

Bがカット多めのように聴こえます。

このEQには最近のAcusticaについたAIプリセットがついています。

こちらも順番にやってみました。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-AI-01.wav
↑0 - 01 - AI ALEX TRECARICHI
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-AI-02.wav
↑1 - 02 - AI JAMIE DOCKERTY
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-AI-03.wav
↑2 - 03 - AI FEDERICO PELLE
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-AI-04.wav
↑3 - 04 - AI OLEG YORSHOFF
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-AI-05.wav
↑4 - 05 - AI ALL
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-AI-06.wav
↑5 - 06 - AI MARCUS BOELTZ
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-AI-07.wav
↑6 - 07 - AI CRISTIAN MILANI
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-AI-08.wav
↑7 - 08 - AI MIRCO CASCIO

比べてみると、02,08あたりはシャリシャリ、01,05,07は高域が強め

03,04,06は少し大人しめといったところでしょうか。

EQ PE

まずデフォルトがこちら↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-default.wav

まずはローから。BELLモードがついていますね。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-low-boost.wav
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-low-boost-BELL.wav
↑BELL
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-low-cut.wav
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-low-cut-BELL.wav
↑BELL

デフォルトだとシェルビングタイプのEQのようですね。

次にハイミッド。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-high-mid-boost.wav
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-high-mid-cut.wav

割と控えめなEQのような気がします。

最後はハイパスフィルターとローパスフィルターです。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-high-pass.wav
↑ハイパスフィルター
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-high-pass-18oct.wav
↑ハイパスフィルター 18dB/oct
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PE-low-pass.wav
↑ローパスフィルター

きれいにイコライジングできますね。

EQ PG

まずはデフォルトがこちら↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PG-default.wav

ローミッドの÷3とハイミッドの×3は周波数を変えるボタンです。

それでは同様にローとハイミッドを見ていきます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PG-low-boost.wav
↑ローブースト
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PG-low-cut.wav
↑ローカット
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PG-high-mid-boost.wav
↑ハイミッドブースト
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PG-high-mid-cut.wav
↑ハイミッドカット

PEと比べてやや強めな変化をするような気がします。

次にハイパスフィルターとローパスフィルターです。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PG-high-pass.wav
↑ハイパスフィルター
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PG-high-pass-18dB.wav
↑ハイパスフィルター 18dB/oct
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-EQ-PG-low-pass.wav
↑ローパスフィルター

パスフィルターは似た音に聴こえますね。

PRE

まずデフォルトがこちら↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-PRE-default.wav

順番に試していきます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-PRE-LINE-20.wav
↑LINE
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-PRE-BUS.wav
↑BUS
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-PRE-MIC.wav
↑MIC
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2019/11/SAND3-PRE-CUST.wav
↑CUST

なんとなくCUSTが倍音多めな気がしますがあとは割と似たりよったりな感じですね。

まとめ

コンプレッサーはVCA型らしい音をまとめるのに適した特性をしていると思います。

音の立体感を保持してくれていますね。

EQは案外癖の少ないスタンダードな印象を受けました。

なかなか使いやすいかなとおもいます。

公式ホームページはこちら↓

Acustica Auudio - SAND 3

その他Acustica Audioのプラグイン記事はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました