Overloud – TH-U Fullについて

plugin

今回はOverloudの「TH-U Full」について書いていこうと思います。

TH-U Full

Overloudのアンプシミュレーターです。

59のギターアンプ、4つのベースアンプ、50のギターキャビネットと2つのベースキャビネット、

その他77のエフェクトが含まれているようですね。

エフェクト1
CATは面白い名前ですね
エフェクト2

それに加え、1つのキャビネットに18種類ののマイクをそれぞれ2つ立てることができます。

マイクの種類はここで選択する
マイクの種類

また、部屋の大きさ、種類を選択することもできます。

さらにはアンプの真空管の種類と電圧まで選べます。

というわけでどんな感じなのか見ていきましょう。

Fender Jaguar

まずはジャガーで弾いていきます。

これはいつもバイパスで使っている音源なのですが、これはアンプで実際に録音したものです。

アンプはFender Twin ReverbでマイクはSENNHEISERのe906です。

詳しくはこちら(新しい方です)↓

これと同じFenderのアンプで試してみます。

ただし、G2Dのオーバードライブを通しています。

設定はこんな感じ

なんだかもっさりとしていますね。

ここで、後段にBASSROOMを入れてローを削ってみます。

そしてマイクを変更してみます。

ちょっと近くなった・・・かもですね。

今度は真空管を変えてみます。

6V6
TUBE 5881

5881のほうが好みかなと思います。

ちなみにG2Dのオーバードライブを通さないとこんな感じです。

適当にアンプを選んで弾いてみました。

Fender Jaguarはここまでにしておきます。

Les Paul

次はレスポールで試していきます。

まず先程と同じBrunettiのアンプです。

なかなかいい感じですね。

次はRandall

グランジっぽい歪みですね。

次はMesa Boogieっぽいアンプ

それっぽい音になりますね。

次からはエフェクトを見ていきます。

まずはシマーリバーブ

ふわーとしたきれいな音ですね。

次はDimension Chorus

こちらも広がりがきれいですね。

エフェクトもたくさんあって面白いですね。

まとめ

自分もまだ使いこなせていないので音を引き出せていないような気がしますね。

それだけ音作りの幅が広いアンプシミュレーターだと思います。

ただ、なんとなく中低域が多めにでる傾向にあるような気がします。

正直弾いている時、レイテンシーがあったので演奏しにくかったですね。

ちょっとリズムがおかしくなっているのは許してください。

ショップサイトはこちら↓(セールはあと2日半ほどです)

Overloud - TH-U Full

他のOverloudの記事はこちら↓

plugin ギター
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました