Overloud – Gem Comp670について

plugin

今回はOverloud「Gem Comp670」について書いていこうと思います。

Gem Comp670

有名な真空管コンプレッサーFairchild 670のモデリングプラグインですね。

LONDON、LOSANGELES、MILANという3つのモードがあり、微妙に見た目が違うのが特徴です。

↑LONDON
↑ LOSANGELES
↑MILAN

それでは早速見ていきましょう。

ギター

今回のバイパスはこちら↓

それぞれデフォルトの状態だとこんな感じです。

↑LONDON
↑LOSANGELES
↑MILAN

これだけでも音が濃くなったような気がしますね。

次に適当なパラメータにして比較してみましょう。

↑LONDON
↑LOSANGELES
↑MILAN

微妙な差ですが、LONDONを基準に見ると

LOSANGELESが重め、MILANが軽めな感じですね。

ちなみに左下に見慣れないパラメータがありますが、

DC THRESはハードニーとソフトニーを調節するつまみのようです。

確証はありませんが音で判断すると-10のほうがハードニーで+10でソフトニーのような気がします。

その下のHARMは倍音量を調節するようですね。

さすがに+10にするとバリバリとなってしまいますね。

このくらいがちょうどいいかもです。

ドラム

次にいつものドラムです。

まずバイパス↓

順番に3つです。

↑LONDON
↑LOSANGELES
↑MILAN

ギターと同じく、LONDONが明るめ、LOSANGELESが暗め、MILANが軽めですね。

ちなみにいつものEl Reyはこちら↓

こちらは華やかな音ですね。

ベース

最後にベースです。

↑LONDON
↑LOSANGELES
↑MILAN

ベースは重めなLOSANGELESが相性いいかもですね。

まとめ

ちょうどいい感じに倍音を付加し、音を持ち上げてくれるコンプレッサーだと思います。

おまけに負荷も軽いので気軽に使うことができます。

これはかなりありがたいことですね。

3つモードを使い分けられるのもお得感があっていいですね。

ショップサイトはこちら↓(セールはあと14時間ほどです)

Overloud - Gem Comp670

他のOverloudの記事はこちら↓

plugin
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました