CD GRAPEVINE「Another Sky」

GRAPEVINE

今回はGRAPEVINEの5thアルバム「Another Sky」について書いていこうと思います。

前回の「CIRCULAT∞R」はこちら↓

Another Sky

ジャケットは青いペンキを垂らしているところのようです。

ここをジャケットにしようと思った目の付け所がGRAPEVINEらしいなと思います。

1.マリーのサウンドトラック

アコギの音が結構きれいに録音できていますね。マラカスが入っているのもおもしろいです。

曲調はスローでちょっと幻想的ですね。

サビの「Mary in the Soundtruck その構成」の繰り返しが印象的です。

サビ前のキンキンとした音がなんだか強烈ですね。どうやって作っているんでしょう。

2.ドリフト160 (改)

GRAPEVINEにしては少し珍しいアップテンポな曲です。

最初の方にある裏打ちハイハットもあまり聴きませんね。

Aメロのハイハットの刻みがきれいな音をしています。

間奏のシンセの部分、かなり音数が多くてカオスですね。

間奏終わりのピコピコシンセもおもしろいです。

3.BLUE BACK

西原さんが最後に作曲した曲だそうです。

こちらもノリの良いアップテンポな曲ですね。勢いを感じます。

オルガンの音が陽気な雰囲気を作っている気がします。

「んなワケねえよ!」というフレーズが耳に残りますね(笑

4.マダカレークッテナイデショー

面白いタイトルですね。歌詞も遊び心満載です。

最初のギターが分厚い音をしていますね。ファズを使っているのでしょうか。

はねたビートの曲ですね。オルガンのフレーズがDeep Purpleみたいです。

最後のが「もみあげでListen!!」で終わりのがおもしろいです。

5.それでも

アコギが中心のしっとりとした曲ですね。

右のエレキギターのフレーズが技ありだと思います。

この曲はボーカルにかかってくるリバーブがわかりやすいですね。

後半に出てくるフランジャーの音がスペーシーです。

6.Colors

イントロはエレピの音が印象的ですね。6/8拍子の静かな曲です。

サビはライドシンバルの音がきれいですね。

終わり際の左ギターはワウが効いていてちょっとえぐい音になっています。

7.Tinydogs

シンプルなギターカッテイングが印象的なイントロです。

伸びやかなメロディーが印象的な曲ですね。

間奏のギターがちょっとカオス。ラストのディレイのかかったギターが余韻を残していていい感じですね。

8.Let Me In ~おれがおれが~

イントロからギターにフランジャーやオートワウの効いていたりで面白い音作りになっています。

スローテンポですが、力強いビートの曲ですね。

間奏はやはり西川さんらしいチョーキングとための利いたフレーズです。

アウトロのごちゃごちゃした感じがなかなかいい感じ。

9.ナツヒカリ

コーラスのかかったギターが爽やかですね。自分のコーラスのイメージとは違うカリカリした音です。

サビのメロディーがきれいですね。

バックコーラスがなんとなく古めな感じ。

間奏のピアノはリバーブがかかってちょっと幻想的な音ですね。

10.Sundown and hightide

マイナー調で昔の歌謡曲みたいなメロディーですね。アレンジは歌謡曲ぽくないですが。

ギターソロはカッチングとスライドのフレーズがふんだんに使われていてテクニカルですね。

ラストのアルペジオだけが残るところがいいですね。

11.アナザーワールド

ゆったりとしたちょっと切なげな曲ですね。メロディーに哀愁があります。

サイドで鳴っているピアノの音がふわふわしていて幻想的です。

ラストがフェードアウトなところも曲にぴったりだと思います。

12.ふたり

ポワポワとしたシンセの音とギターのフレーズが合わさって、こちらも哀愁のある旋律になっていますね。

ギターソロはロングトーンが多めでこちらも切ないフレーズです。

その後のボーカルはリバーブが深めになっていますね。

まとめ

前作までと比べてどこか切ない曲が増えたような気がします。

やや大人しめなGRAPEVINEといったところでしょうか。

実はこのアルバムはレンタルできなかったので購入して聴いたのが最近だったんですね。

聴いてみるとなかなかいいアルバムで良かったと思います。

次回の「イデアの水槽」はこちら↓

GRAPEVINE 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました