CD Dream Theater「Images and Words」

Dream Theater
Dream Theater 音楽

今回はDream Theaterの2ndアルバム「Images and Words」について書いていこうと思います。

前回の「When Dream And Day Unite」はこちら↓

Images and Words

ボーカルが現ボーカリストのラブリエさんになりました。

この間にいろいろあったようでアルバムの間隔が3年になってしまったらしいです。

その分いろいろと洗練されたアルバムになったような気がします。

1.Pull Me Under

アコギっぽいちょっとダークなアルペジオのイントロフレーズがいいですね。

おそらくコーラスのかかったエレキだと思います。

パワーコードミュートの刻みが緊張感あって好きです。ここがこの曲の聴き所なんじゃないかと思います。

ラストがぶつ切りっぽいのは狙ってやっているんでしょうね。なかなかおもしろいです。

2.Another Day

出だしがなんとなくよくあるバラードのポップスぽいですね。

ギターもサックスあたりで置き換えても違和感ないフレーズです。というか途中でサックスが入ってきますね。

ピアノを中心としたAメロ、Bメロといい、メタルらしさほぼ0です(笑

間奏のギターソロもさすがペトルーシさんといったところですが、アウトロのサックスソロもかなりの腕前ですね。

3.Take the Time

イントロのツーバスドコドコとフュージョンぽいシンセソロがスピード感をだしていますね。

Aメロはなんとなくラブリエさんがラップぽいことをしていますね。

合間のオルガンとドラムの掛け合いがたのしいです。

間奏はかなり展開が目まぐるしく変わるこれぞドリームシアターといったものになっていますね。

途中のギターとオルガンがユニゾンするところがお気に入り。

ラストはギターソロでフェードアウトです。

全体的に明るめな曲ですね。

4.Surrounded

静かに始まるバラードっぽい曲です。

ドリームシアターには割と貴重なボーカルがメインの曲ですね。

ギターソロはディレイと開放弦を使ったフレーズですね。

ラストにまたピアノだけに戻って終わるところがきれいです。

5.Metropolis, Pt. 1: The Miracle and the Sleeper

この曲はドリームシアターの代表曲みたいなものですよね。

スリリングな曲構成がとてもおもしろいです。

間奏がとても長いですが、やっぱりベースのタッピングソロが聴きどころですね。

7分10秒あたりからの

その後のギターとシンセのユニゾンも心地いいです。

6.Under a Glass Moon

イントロは暖かな感じで始まりますが、1分5秒あたりから雰囲気が一変して不穏な感じに。

メロディーはポップですが演奏はドリームシアターらしく複雑なことをしていますね。

ハーモニクスの混ざったギターソロがテクニカルです。

7.Wait for Sleep

シリアスなピアノで始まるやや静かな曲です。曲の長さも短いですね。

ラブリエさんの歌い方もしっとりとした感じです。

他はキーボードのストリングとベースが少しだけといったところでしょうか。

音数の少ない曲は珍しいですね。

8.Learning to Live

最初のアルペジエーターみたいなシンセから他パートにつなぐイントロです。

曲調はややシリアスなような、フュージョンぽいような感じ。

11分29秒とかなり長いのでかなりいろいろな要素が詰まっていますね。

途中でアコギが出てきたり、ギターでイントロのフレーズを弾いていたりとてんこもりです。

ラストがコーラスの入ったフェードアウトなところがアルバムの最後っていう感じがしますね。

まとめ

曲の構成がうまくなっているような気がします。

どちらかといえばポップな曲が多いですね。

このアルバムはドリームシアターの中でも人気が高いようですね。

それもわかるような気がします。

次回の「Awake」はこちら↓

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました