CD GRAPEVINE「Everyman,everywhere」

GRAPEVINE

今回はGRAPEVINEの2ndミニアルバム「Everyman,everywhere」について書いていこうと思います。

前回の「イデアの水槽」はこちら↓

Everyman,everywhere

森の中にメンバーが立っているシンプルなジャケットですね。

歌詞カードはなんだか凝ったフォントのデザインになっています。

おもしろいですね。

1.Metamorphose

スローテンポでザクザクとしたギターの音が特徴的な曲ですね。

オープンハイハットの音が目立ちます。

間奏のギターソロはワウがきつく使ってある刺激的な音ですね。

「タダ飯だけ食えば変身して 牛になる」

って面白い歌詞ですね(笑

2.Reason

イントロは12弦のアコギみたいな音ですね。そこにかぶさるアルペジオのギターがいい音です。

メロディーはどこか浮遊感がありますね。

サビで1オクターブ下のコーラスが入るところが心地いいです。

バックコーラスも柔らかでいい感じ。

3.Everyman,everywhere

シンプルなギターで始まるバラード曲ですね。

サビで入るストリングがかなり目立ちます。フレーズがちょっとおおげさかもですね。

ソロは、サステインの長いギターがGRAPEVINEらしいです。

ラストのノイズギターがすごいですね。

4.スイマー

淡々としたビートと暖かいギターのフレーズが特徴的な曲です。

口数少なめなAメロからギターがガッと入ってくるサビの対比が面白いですね。

ソロギターソロはかなり音が太いですね。

「唯一のマスターピースはどうにか完成した 」

この歌詞がなかなか意味深です。

5.作家の顛末

アコギのちょっと切ないフレーズで始まるちょっとシリアスな曲ですね。

歌詞カードの単語がかなりシンプルです。

サビのコーラスと一緒にギターが入ってくるところがなかなか壮大ですね。

ギターソロのロングトーンがなかなかエモーショナルです。

サビは同じメロディーのリフレインになっているので中毒性がありますね。

ラストのピアノの一音で終わるところがお気に入り。

まとめ

ミニアルバム2枚目ということですが、割とこれまでとだいたい同じ流れになっているかなと思います。

ちょっとしっとりとした曲が多めかな感じました。

ちょっとポストロックぽいところがあるかもですね。

なかなか粒ぞろいなミニアルバムだと思います。

次回の「déraciné」はこちら↓

サウンドハウス
GRAPEVINE 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました