CD GRAPEVINE「MISOGI EP」

GRAPEVINE

今回はGRAPEVINEの3rdミニアルバム「MISOGI EP」について書いていこうと思います。

前回の「真昼のストレンジランド」はこちら↓

MISOGI EP

鹿とユニコーンと鷹の絵が昔の壁画っぽく描かれたジャケットですね。

中央下の模様が何なのか気になります。

1.MISOGI

骨太なギターリフがスローでノリのいい曲ですね。合間に入ってくるホーンの音が華やかです。

ギターソロはワウの使い方がとてもうまいですね。

「禊説法 阿漕結構 インジエア お釈迦に説法」みたいに韻を踏んでいるのが面白いですね。

ラストのギターのサステインはフィルターが効いていてなかなかえぐい音になっています。

2.ONI

ドラムから始まるやや速めな曲ですね。6/8拍子のようです。

途中で入ってくるピアノの音は柔らかい音をしていて周りを包み込むような響きですね。

間奏のギターソロは特殊な響きですね。ハーモナイザーがかかっているような。

そのあとのドラムはリバーブが低域にもかかっていて迫力がありますね。

3.SATORI

4分のギターが特徴的なスローで気だるい曲です。右のギターのアルペジオが綺麗ですね。

「凍えていた夜明けを 今もう一度この手で ふれたら ふれたら 何か変わるならば 何度も ほら何度でも 明日を願うならば」

の部分がお気にいりです。スローで同じフレーズを繰り返すのでトリップ感がありますね。

アウトロはディレイがかかりまくってノイズのようになっています。この轟音はなかなかいい感じですね。

4.ANATA

ピアノメインなどんよりとした曲ですね。

サビに入ってからのギターはファズがなかなか強めにかかっていてバリバリとした音になっていますね。

「目を閉じれば あなた 面影も夢も やがて消えるのでしょう」

のフレーズが印象的です。それにしてもダークな雰囲気の曲ですね。

5.YOROI

6/8拍子のギターが爽やかな曲ですね。歌詞にアルマジロがよく出てくるのでアルマジロの曲なんでしょう。

間奏のベースはかなり歪んでいて強烈な音になっていますね。裏のパーカッションの音が印象的です。

ギターソロもかなりぶっ飛んだフレーズですね。

最後の「あるまじきアルマジロを カルナバル」のフレーズがちょっと面白いです。

6.RAKUEN

本タイトルは「ディストピア」だったんだとか。

ドラムが軽快なちょっと爽やかな演奏が特徴的な曲ですね。メロディーはちょっと暗い感じです。

ボーカルにかかっているリバーブがいつもよりわかりやすいような気がしますね。

最後のピアノは哀愁のあるコードですね。

まとめ

彩のある音像のアルバムだと思います。

ロックな曲と、アンニュイな曲がありますね。

ですが、何と無く憂いのある雰囲気が強めです。

次回の「愚かな者の語ること」はこちら↓

GRAPEVINE 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました