CD 中田裕二「DOUBLE STANDARD」

中田裕二

今回は中田裕二さんの9thアルバム「DOUBLE STANDARD」について書いていこうと思います。

前回の「Sanctuary」はこちら↓

DOUBLE STANDARD

臙脂色ぽいシックなジャケットですね。

フラスコの形に切り取られたところに口元だけが見えているのがミステリアスです。

1.DOUBLE STANDARD

トレモロのかかったエレピで始まるゆったりとした曲ですね。

Aメロは静かに、だんだんと歌い上げるようになっていく最初の曲にぴったりな曲調です。

「人はいつも 全てを コントロールしたがる ただの思い上がり」このフレーズが中田裕二さんの考え方を表現していると思います。

サビでのバッキングギターはなんとなくdownyの「砂上、燃ユ。残像」のアコギに似ていますね。

全然音楽性の違うバンドなのでちょっと不思議です。

2.海猫

イントロはギターにかかったリバーブがなんとなく海の霧のかかった空間を表現しているような気がします。

ボーカルにもリバーブが濃いめにかかっていますね。

曲調はロングトーンなメロディーがきれいなバラードです。

歌詞は海に飛んでいる海猫をながめて感傷に浸っているところのようですね。

地味ですがオルガンの音が暖かいです。ギターソロだけ少し歪んだ音になっているところがいいですね。

3.どうどうめぐり

イントロのギターのフレーズが印象的な曲です。ベースもところどころユニゾンしていますね。

エレピの音がこもりつつもキラッとした音をしていていい感じ。

サビにはちょっとだけシンセも入っていますね。

この曲はスローだけどなかなかノリの良いメロディーです。

4.蜃気楼

コーラスがかかったギターのイントロがちょっとセンチメンタルですね。

全体的に曲調はマイナーで悲しげな感じです。

「愛せば誰もが 我を忘れるだろう どうしたらあなたと ひとつになれるのか 思い巡らせた」

の歌詞がなかなか重たいですね。

間奏はシンセもギターもとてもリバーブが濃いです。霧の中にいるみたいな音像ですね。

この曲はトオミヨウさんのアレンジのようです。

5.グラビティ

コーラスのかかったギターが暖かなフレーズを奏でる柔らかい曲ですね。この音は好みです。

バックのピアノもいい味を出していますね。

「気を許しちゃいけない 笑顔見せちゃいけない 待ち受ける落とし穴 ここら辺でひとまず あなたのそばから 離れなきゃ」

という歌詞からすると別れの曲のようですね。でも本当は別れたくないみたいなそんな感じでしょうか。

前のアルバムの「テンション」に似ているような気もします。

6.UPDATER

昔のハードロックみたいなリフではじまる硬派な曲です。

どちらかといえばLed Zeppelinに近いかな。この曲にはオルガンが入っているけれど。

最後のパートはなかなかドラムの手数が多いですね。

ギターソロはうっすらフェイザーがかかっているような。

7.火影

ピアノが主体のバラード曲です。イントロはギターのユニゾンが控えめにあるのがきれいですね。

音数が少ないのでそれぞれのパートの存在感が大きいです。リバーブの音もよくわかりますね。

間奏からぐっと音が減ってアカペラ同然になるところがお気に入り。

繰り返される「命など揺らめく炎」のフレーズが心に残りますね。

8.愛の前で消えろ

ドラムのどっしりとしたフレーズで始まるややハードボイルドな曲です。

Bメロのギターは速めのトレモロがかかっていますね。

ギターソロもトレモロがかかっていてなんとなくレトロな感じ。

「いかなる存在も 愛の前で消えろ」なんて思い切ったフレーズですね。

9.長い会話

こちらは暖かでややアンニュイな曲ですね。

この曲もコーラスのかかったギターの音がとても好みです。

「そうじゃないわからず屋」の繰り返しが癖になりますね。

スタッカートなベースも面白いですね。

10.輪郭のないもの

アルペジオのイントロがどこか切ない感じです。

「形にせずに 答えも出さず なすがままふたりでいよう」

と歌い上げるのですが最後が上に上がったメロディーになっているのがちょっと意表をつかれたような気がします。

最後はしっとりとアルバムを締めですね。

まとめ

すべての曲がスローテンポで音数も少なめでシンプルな構成になっていますね。

サンレコのインタビューを読んでいるとハイを削って歪を加えたMIXにしたということです。

Sound&Recording 2020年6月
created by Rinker

ドラムもミュートをかなり施したんだとか。たしかにシンバルもスネア、タムも大人しめな音になっていますね。

こういうMIXをすると音がこもってしまいがちなのですが、うまい感じに暖かな音像を作ることに成功しているかなと思います。

ただちょっとボーカルの音に存在感がありすぎるというかちょっと音が硬いなと思います。

ボーカルにも歪みをかけているみたいな話をしていたのでちょっと加減がいまいちだったかもですね。(まあ自分の好みもありますが)

前回と前々回は割と凝った編曲になっていたのですが、ここに来てがらっと変わったと思います。

また次も変わっていくのでしょうか。

中田裕二 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました