CD Radiohead「The Bends」

Radiohead

今回はRadioheadの2ndアルバム「The Bends」について書いていこうと思います。

前回の「Pablo Honey」はこちら↓

The Bends

黄色い肌のほっとしたような表情が印象的なジャケットですね。

背景が黒一色でシンプルです。

1.Planet Telex

トレモロで揺れた音で始まるのっそりとした曲ですね。これはピアノの音でしょうか。

ボーカルの音が歪み気味なのが特徴的です。

ギターの音が鈍いのにキラキラとしていてなんだか不思議な音です。

ラストのはディレイの発振のような音が不気味な余韻を出しています。

2.The Bends

タイトル曲ですね。無音からギターがばーんと入る穏やかな曲です。

ギターの音が力強いですね。Bメロのスネアの音がいい感じ。

最後はクリーントーンのギターとささやくようなボーカルでしっとりと締めです。

3.High And Dry

イントロは重めなバスドラムの音とギターの軽めな音が対照的ですね。

サビはハイトーンボーカルが伸びやかです。なんとなくSyrup16gの「きみのかほり」を思い出します。

しっとりと落ち着きのある曲ですね。

4.Fake Plastic Trees

アコギから始まるこちらもゆったりとした曲です。ボーカルのリバーブが深めですね。

途中からストリングスが入ってくるみたいです。ちょっとめずらしいかも。

最後のパートのふわっとした音はなんの音なんでしょう。シンセっぽくはないような。

5.Bones

こちらもトレモロの効いた音で始まりますね。

Aメロは穏やかですがサビはちょっとだけヒステリックな感じです。

ギターの分厚いアンサンブルが特徴的な曲ですね。

6.(Nice Dream)

6/8拍子のゆったりとした曲ですね。ボーカルの歌い方が優しい感じです。

ギターのアルペジオの音がきれいですね。

サビはかなりの轟音ですね。ギターソロはワーミーを使ってるぽい。

最後の裏で鳴っているふわふわとしたギターアルペジオはどうやって音作りをしているんでしょう?

7.Just

イントロはエッジーなギターが強烈な曲ですね。かなり弾きまくりです。

Bメロはギターとボーカルがユニゾンなのがなんとなくチープな感じを出していますね。

間奏はこれまたトレモロの激しく効いた音ですね。

アウトロのギターソロはかなり弾きまくり。ワーミーを使ったキリキリとした音になっています。

8.My Iron Lung

ピッチシフターを使ったチープなアルペジオではじまる曲です。

Aメロ終わり際に入っているブワッとしたクリーントーンのギターが印象的です。

サビはかなりダーティな感じ。最後はボーカルもギターもかなりぐちゃぐちゃで迫力がありますね。

9.Bullet Proof…I Wish I Was

ほわーとした音とアコギで始まるゆったりとした曲ですね。

こちらもボーカルのリバーブが深めです。バックの音はディレイがかかっていたりして浮遊感がありますね。

サビもハイトーンで伸びやかなメロディーがきれいです。バックのアルペジオの音もキラキラとしています。

10.Black Star

フェードインでキラキラとしたギターなどの音圧のあるアンサンブルで始まる曲です。

最初のAメロの終わり際にあるクリーントーンのギターの音が微妙に揺れていて面白い音。

3回目のAメロは他パートがあまりいなくなってベースが目立っています。

11.Sulk

強烈に切り刻んだ音とゆったりとしたアルペジオで始まる6/8拍子の曲です。

間奏はオクターブ奏法の音の歪みがなかなか強烈。

ラストはフィードバック音で余韻を残して締めです。

12.Street Spirit (Fade Out)

マイナーなアルペジオで始まる悲しげな曲ですね。なんとなく「禁じられた遊び」っぽいです。

バックの演奏がシンプルなのでまるでギターとボーカルだけなんじゃないかと思ってしまいます。

後半からギターがもう一つ入ってきますね。最後の方はコーラスが多めに入ってきてなんだか不気味な感じ。

まとめ

全体的にゆっくりめな曲が多い気がします。ロックバラードっていうんですかね。

トレモロの出番も多かったです。このアルバムの歪みが結構いい感じですね。

どんな歪みだったんでしょう。Turbo RATかな。

次回の「OK Computer」はこちら↓

Radiohead 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました