CD 凛として時雨「still a Sigure virgin?」

凛として時雨

今回は凛として時雨の4thアルバム「still a Sigure virgin?」について書いていこうと思います。

前回の「just A moment」はこちら↓

still a Sigure virgin?

黒の中にキラキラしたモニュメントのあるちょっと幻想的なジャケットですね。

遠目に見るとオルゴールの中身みたいです。

1.I was music

1曲目からイントロなしではじまる激しい曲ですね。

いつもながら歌いながらアルペジオはさすがだなと思います。

サビ前のゴリゴリとしたベースとスネアにかかったリバーブが大迫力ですね。

そしてサビはバスドラの連打がえぐいです。ギターも狂ったようなフレーズですね。

2回目のAメロでのディレイの使い方がうまいなと思います。

2.シークレットG

ハイハットのオープン/クローズ音ではじまるカッティングメインなイントロですね。

ギターの音がカラカラと乾いた感じです。

1分30秒あたりからの間奏もカッティング中心ですね。終わり際から出てくるフェイザーがいい感じです。

2分16秒あたりからのハイハットは16分の裏だそうです。不気味な刻みですね。

ラストのモジュレーションディレイの音がきれいです。

3.シャンディ

珍しいピアノ主体の曲ですね。この曲ではTKさんが弾いているそうです。

このピアノの音はあまり本物のピアノっぽい音ではないですが、この曲にはこちらのほうが合っている気がします。

アコギの音もたまにでてきますね。

1分10秒あたりからの最初の間奏ではコーラスが多く入っていて複雑な感じです。

ギターの轟音もかなり強烈。ラストのギターソロの音もかなりキリキリとした感じで悲鳴のように聴こえます。

前アルバムが発売される直前にスペースシャワーTVかエムオンあたりでちらっとこの曲のデモ演奏が流れたんですが、

そちらのほうもアルバムバージョンよりもさらにピアノがメインな感じで良かったです。

この曲はソロの布石になったような気がしますね。

4.this is is this?

12弦ギターのアルペジオがふわふわとした響きですね。

55秒あたりからのフロアタム連打するパートはボーカルの重ねが入って広がりのある感じになっています。

最初は静かですが徐々に轟音が混ざっていき厚みが出ていく構成になっていますね。

345さんのコーラスはリバーブが深めに入っていて奥から聴こえてきます。

最後の間奏は珍しくタッピングを使ったソロが熱いですね。

5.a symmetry

いきなりシンバルと歪み多めのギターではじまる激しいイントロですね。

サビは今までで一番のハイトーンボイスです。バックのアルペジオがきれいですね。

うっすらと聴こえるふわ~とした音は何の音なんでしょう?

最初のサビ後の間奏はギターだけポリリズムになっていますね。

3分27秒あたりからの狂ったようなギターを歌いながらやるのはものすごく大変そう。

ドラムもスネアのパターンが少し変則的です。

6.eF

12弦ギターを鳴らすアコースティックな曲ですね。

2回目のAメロ前あたりから入ってくるベースのロングトーンが心地いいです。

この曲はTKさんの歌い方がなんとなく優しい感じですね。

バックにあるアルペジオの柔らかい音はどうやって作っているんでしょう?

気のせいかもしれませんがなんとなく後半のほうがベースの音が少しだけ硬いような?

7.Can you kill a secret?

チョーキングを使ったギターフレーズと一緒に歌いながらはじまる曲ですね。

ベースの音がゴリゴリでとても重たいです。345さんの歌い方が柔らかいですね。

1分2秒あたりからのベースのフレーズが攻撃的です。

最後のサビはボーカルが交互に出てきてリズミカルですね。ツインボーカルの醍醐味だと思います。

8.replica

スネアの連打とバスドラではじまるこのアルバムでは少なめなスローテンポの曲ですね。

Bメロのアルペジオとそれに乗っかるメロディーが好みです。

サビの345さんのメロディーはちょっと変な感じ。これは狙ったのでしょうか。TKさんはシャウトが多いですね。

最後のアウトロにあるスネアにかかっているリバーブが濃いですね。

9.illusion is mine

ミュートと付点8分ディレイを使ったフレーズが印象的な曲ですね。

ふわっとした中に歪みが強めなベースが入ってくるのが面白いです。

サビのメロディーがとてもきれいです。そして345さんのリバーブが深くなって幻想的になりますね。

最後のサビでボーカルのパートが反転するところがエモーショナルです。

うっすら聴こえる「奇跡が起きたら壊れるかな」のささやき声がいいですね。

ギターのバッキングも音高があがってスネアの音数も増えます。

最後に「奇跡的」で終わって余韻を残していますね。

まとめ

いつもより全体的に音の密度が上がっているような気がします。休符が少なくて音数が多めになっている感じですね。

音圧が上がっているからそう感じるのかもですね。

ギターもどうやって弾いているだろうって思うことが前よりさらに増えました。

それもあってかなんていうか切迫感のある激しめな作風になったかなと思います。

凛として時雨 音楽
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました