TK from 凛として時雨「Fantastic Magic」

TK from 凛として時雨
TK from 凛として時雨 音楽

今回はTK from 凛として時雨の2ndアルバム「Fantastic Magic」について書いていこうと思います。

Fantastic Magic

前作と同様TKさんの姿が見えるジャケットですね。こちらのほうがはっきりとしています。

バンドの方は人影のまったくないジャケットなのでここで違いがわかりますね。

1.Fantastic Magic

マシンガンの連射みたいなスネアの連打ではじまるイントロが強烈。

同音を繰り返すシンプルなボーカルです。この直線的なメロディーが曲を引っ張っていますね。

ハイハットのリズミカルな刻みがこの曲のビートの形成を担っていると思います。

ラストもスネアの連打でスパッと締めです。

2.unravel

この曲は「東京喰種」のOPになりましたね。

最初からボーカルではじまってふわっとしたアコギのアルペジオが入ってきますね。

全体的に静と動の高低差が激しいアレンジになっているなと思います。

Aメロはバスドラにかかっている薄めのリバーブが特徴的ですね。

サビはとてもバックの演奏に音圧があります。

中盤の間奏はギターがとてもエモーショナルですね。ちょっとワーミーを使っているような音も入っています。

最後のサビの「忘れないで」を繰り返すところはぐっときますね。

3.kalei de scope

イントロはヴァイオリンが目立っていますね。バスドラの4つ打ちが強めなダンスビートの曲です。

他の曲でもそうですがやっぱりBOBOさんはハイハットの扱いがうまいですね。

アウトロもヴァイオリンがメインですっと終わりです。

4.an artist

こちらはバックの鉄琴の音を入れたキーボードがメインですね。

柔らかくも冷たい音が曲にぴったりだと思います。

最後の消え入るようなボーカルの歌い方が儚いですね。

5.tokio

ふわっとしたピアノがメインなバラード曲ですね。ウィスパーな歌い方が優しいです。

「どれだけ自分を追い越しても 朝になれば全てが巻き戻ってさ」

の部分にぐっときます。

最後はピアノのサステインを残して自然と終わりですね。

6.Shinkiro

ボサノバっぽいアコギのフレーズですね。

この曲はドラムが柏倉隆史さんだそうです。リムショットがうまいですね。

BOBOさんよりハイハットの音が軽くてパーカッシブな気がします。(BOBOさんのハイハットはやや音が太め)

CHARAさんが第2のボーカルとして参加していますね。甘い声をしているなあと思います。

7.Dramatic Slow Motion (album version)

イントロからボヨボヨとしたベースとディレイの効いたギターが分厚い音像を作っていますね。

最初の間奏は歪んだベースがなかなか強烈です。

比較的シンプルな4つ打ちドラムがグルーブを生み出していますね。

ピアノの音はややぼやけた感じになっていて浮遊感があります。

8.Spiral Parade

こちらも4つ打ちバスドラが基調ですね。ハイハットの音が打ち込みっぽいような感じになっています。

ギターの音がややバリバリとした歪みでいい音だと思います。サビは意外とヴァイオリンの音に存在感があるような気がします。

最初と最後はシンセパッドの音が目立っていますね。

9.fragile

モジュレーションディレイの音がきれいなギターの弾き語りではじまる曲ですね。

こっそり入っているピアノ(エレピっぽい)も澄んだ音をしています。

ラストもギターでしっとりと締めです。

10.contrast

ピアノではじまるややしっとりとした曲ですね。

サビのバックの演奏はなかなかヘビィですがボーカルのメロディーは優しい感じなのがギャップがあっていいと思います。

この曲もヴァイオリンがやや地味ながらも良い働きをしていると思います。

ラストのアコギのフレーズもうまくきまっていますね。

まとめ

4つ打ちの曲があったりしてややポップよりな作風になっているかもしれません。

バラードとポップな曲の2通りが混在しているアルバムですね。

2枚目になってちょっとこなれた感じがでてきたような気がします。

スポンサーリンク
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました