CD Radiohead「The King of Limbs」

Radiohead
Radiohead音楽

今回はRadioheadの8thアルバム「The King of Limbs」について書いていこうと思います。

前回の「In Rainbows」はこちら↓

The King of Limbs

歪んだ怪獣の絵が描かれている不気味なジャケットですね。

文字に透過しているところがなかなかうまいなと思います。

1.Bloom

ポリリズムなシンセがなんだか神秘的な響きを作り出しています。

ベースの音が柔らかで暖かいですね。ドラムはなんだか変わったパターンです。スネアの音がパタパタした感じですね。

無機質だけど暖かいふわふわとした曲だと思います。

2.Morning Mr Magpie

アタックが強めなもこもことした楽器隊が特徴的ですね。ミュートギターもパーカッションのような響き。

ベースがこの曲の中心にあるような気がします。

ラストはノイズのブーンという音で終わるのがお決まりですがいい感じです。

3.Little By Little

シタールみたいなどろーんとした弦の響きとギターの組み合わせがなんとなく不協和音のように聴こえますね。

メロディーは結構ポップな感じです。昔のRadioheadぽいですね。

カタカタとしたパーカッションの音が特徴的だと思います。

4.Feral

圧のあるバスドラの音が淡々としたビートを刻んでいますね。

ボーカルはかなりリバーブとディレイが深めでサンプリングぽさもあります。

エレクトロニカ要素が多くて「Kid A」とか「Amnesiac」の頃のような曲ですね。

最後のベースとバスドラだけ残るところがいい感じ。

5.Lotus Flower

シンセベースのようなロングサステインの音で始まる曲。ドラムも淡々とした叩き方ですね。

ハンドクラップの音が印象的です。

間奏はボーカルにかかっているディレイのフィードバックがものすごいことになっていますね。

6.Codex

どよーんとしたピアノの音が気だるげな感じです。

ボーカルもロングトーンで口数少なめなのであまり目立つ歌い方ではありませんね。

ゆったりと子守唄のような優しい曲ですがどこか冷たい感じがします。

7.Give Up The Ghost

ぼよっとしたバスドラの音で始まりますね。コーラスが優しくも不気味な感じです。

アコギの響きがどろんとしていてマンドリンみたいですね。

ボーカルもコーラスもリバーブが多めですね。何層にも重なったコーラスがとても分厚いです。

その分楽器隊は控えめな演奏に鳴っていますね。

8.Separator

打ち込みっぽい無機質なビートで始まりますね。

ボーカルはディレイがかかっているのがよくわかります。

メロディーはなんとなく明るい感じですね。演奏と空気感はすっと澄んだ雰囲気になっています。

同じフレーズを繰り返しながら静かに終焉に向かうところが綺麗ですね。

まとめ

無機質なビートを使った曲が多いような気がします。

華やかさとは対極の音構成になっていますね。

この色のない美しさがRadioheadの持ち味なのではないでしょうか。

次回の「A Moon Shaped Pool」はこちら↓

コメント

Posting....
タイトルとURLをコピーしました