CD Radiohead「A Moon Shaped Pool」

Radiohead
Radiohead 音楽

今回はRadioheadの9thアルバム「A Moon Shaped Pool」について書いていこうと思います。

前回の「The King of Limbs」はこちら↓

A Moon Shaped Pool

白と黒のみでできた水墨画を思い起こさせるジャケットですね。

水を表現したようなうねりがきれいです。

1.Burn The Witch

ストリングスのスタッカートの使い方がなんとなくColdplayっぽいですね。

歪みが特徴的なシンセっぽいベースが目立って聴こえます。

ラストのストリングスが徐々に強くなっていくあたりは迫力がありますね。

最初の曲として高揚感のある幕開けだと思います。

2.Daydreaming

ピアノの落ち着いたアルペジオがなんとなく雪が降っている光景を表現しているような気がします。

全体的に幻想的な音構成になっていますね。目立たず静かに歌うボーカルがぴったりです。

最後1つ前のパートはヴィオラ(チェロかも)の音がきれいです。

最後は低音のゴロゴロとした音がなんとなくおぞましいですね。

3.Decks Dark

右から聴こえてくるキラキラとしてた音はなんでしょうね。

リバーブとピッチシフトディレイをかけたギターを細かく弾いているのでしょうか。

前曲までと同様ゆったりとした感じですがちょっとメロディーがポップかな。

後半はスプリングリバーブをかなり強めにかけてスプリングの揺れる音を効果的に使っていますね。

4.Desert Island Disk

アコギの響きが中東っぽいですね。4つ打ちバスドラの音が暖かいです。

左にあるギターにディレイをかけたような音がきれいで神々しいです。

音少なめな静かな曲で落ち着きますね。

5.Ful Stop

ベースの繰り返しフレーズからリバーブでぼやけたシンセの音が入ってくる不思議な曲ですね。

ドラムはポリリズムになっているかな?

中盤からライドシンバルの刻みとギターが入ってきてテンポが上がりますね。

このあたりの緊張感のある曲の流れがいい感じ。

終わり前までギターアルペジオとベースの繰り返しがトリップ感のある曲です。

6.Glass Eyes

シンセなのか加工されたピアノの音なのかはわかりませんがアルペジエーターのように上がっていく音がとても美しいです。

途中から入ってくるヴァイオリンもクレッシェンドが効いていて神秘的な響きです。

短めでこの上なく神々しい曲だと思います。

7.Identikit

イントロはスネアのクローズドリムショットの音が印象的ですね。

後半から入ってくるシンセはわりとよくある音でRadioheadにしてはちょっとめずらしいかも。

ラストのギターも比較的エフェクトの少ない音になっているかなと思います。

8.The Numbers

いきなり不協和音感のあるシンセとピアノで始まりますね。

ピアノは高音が強めで弾けるような音をしています。

中盤からはスタンダードな曲の流れになりますね。それでもピアノはちょっとフリーダムな感じ。

最後のパートはコーラスが分厚くて壮大ですね。

9.Present Tense

アコギのアルペジオがなんだかメランコリックです。

後半からアルペジオが長調になるところに神聖さを感じます。

ラストはバスドラだけになって余韻を残していますね。

10.Tinker Tailor Soldier Sailor Rich Man Poor Man Beggar Man Thief

ぼよんとしたシンセの音が印象的ですね。

音数が少なめなのでボーカルにかかったディレイとリバーブがよくわかります。

左から聴こえるライドシンバルの響きがきれいですね。

ヴァイオリンも伸びやかに鳴っていて存在感があります。特に最後の旋律は圧巻。

11.True Love Waits

エレピが暖かな音をしていますね。この曲も音数が少ないです。

途中から入ってくるピアノも弱めに演奏されていてきれいですね。

子守唄のようにしっとりとアルバムを締めます。

まとめ

前作の路線をさらに進化させた作風になっているかなと思います。

特にピアノの音の使い方が印象に残りますね。

しばらく新アルバムがないようなので次作に期待しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました