CD Mansun「Kleptomania」

Mansun
SANYO DIGITAL CAMERA
Mansun音楽

今回はMansunの4thアルバム「Kleptomania」について書いていこうと思います。

前回の「Little Kix」はこちら↓

Kleptomania

大きな「KLEPTOMANIA」の文字が重なって描かれたシンプルなジャケットですね。

程よく文字が歪んでいて味があります。

1.Getting Your Way

トラッシーな響きのシンバル音で始まるスローテンポな曲ですね。

歪んだギターの音が目立っていますね。このドロドロしたメロディーがMansunの魅力だと思います。

最後1つ手前の間奏はクリーントーンのアルペジオの音がきれいですね。

ラストはスパッと切れて次の曲へ。

2.Slipping Away

悲鳴のような声からステップフィルターを使ったふわふわとしたパートに、

そこからつながるザクザクに歪んだギターリフイントロにオルタナ感がありますね。

ロック色の強い演奏にややひねくれたメロディーが乗っているのがMansunらしいと思います。

最後のパートはレトロに歪んだピアノのパートが長めに入っていますね。

3.Keep Telling Myself

イントロはベースの音が硬いですね。バックのギターはトレモロがかかっています。

曲調はスローテンポでのっそりとした感じですがサビの口数は多めですね。

1分45秒あたりからのギターソロはなかなかキリキリとした音をしています。

ファズを使っているのでしょうか。エンベロープフィルターかもしれませんね。

4.Harris

こちらはアコギのバックとエンベロープフィルターのかかったギターで始まりますね。

このアコギの響きはSyrup16gの「ハピネス」を思い出します。

ローパスがかかったに上のオクターブが鳴っているような響きです。なかなか綺麗な響きですね。

サビはコーラスも入って少し賑やかに。全体としてはしっとりとした短かめ曲ですね。

5.Love Remains

一点して暖かい空気感のあるロック曲ですね。

シンプルなギターバッキングがごきげんな感じ。

アウトロはトレモロのかかったギターだけが残って余韻を出していますね。

この曲は更に短い尺でした。

6.Cry 2 My Face

アコギ弾き語りで始まるしっとりとした曲ですね。

やけにスネアの響きが金属的に聴こえます。ハイピッチにチューニングしているようですね。

ボーカルとコーラスのハーモニーが面白いです。

3分あたりからのギターソロはなかなか強めの歪みでエモーショナルですね。

7.No Signal / No Complaints

ブーンとファズっぽい響きのギターから始まる伸びやかな曲ですね。

バッキングはリバーブのかかったクリーントーンの音がふわっとしています。

他パートが入ってくると6/8拍子になりますね。

この曲もサビはギターの歪みがかなり荒々しいです。

3分35秒あたりからのリードギターはかなり奇妙な音ですね。

最後はなかなか哀愁のあるフレーズで締め。

8.Home

シンプルなバッキングと8ビートがどこか爽やかですね。

サビは同じメロディーのリフレインがぐっときますね。

この曲のカリッとした歪みの音が結構好みかも。

爽やかでありながらどこか切ない曲だと思います。

9.Fragile

アコギ弾き語りで始まるやや暗めな曲ですね。

アコギの響きに哀愁があります。ハイハットの音もカチカチしていますね。

2分24秒あたりからの間奏はふわふわとしたバックのギター(エレピかも)がなかなかきれいな音をしています。

全体的に悲しげな雰囲気の曲になっていますね。

10.Wanted So Much

このイントロのギター少しだけSyrup16gの「回送」っぽいですね。時系列的にはこっちが先ですが。

Aメロはベースがよく動くフレーズですね。シンセもトリッキーな音をしています。

Bメロからは力強い歪みのギターがメインのバッキングになりますね。

Mansunの中では割りと正統派ロックな感じがします。最後に鳴っているのはシンセかな。

11.Good Intentions Heal The Soul

ピアノから始まるどんよりとした曲ですね。

バックの音がかなり作り込んであって幻想的な音空間が構築されています。

ふわっとしたギターの音はリバーブとピッチシフターとフィルターがかかってるのかな?

アルバムの最後をしっとりと締めていますね。

12.The Dog from Two Doors Down

隠しトラックとして入っている曲です。

引き続き幻想的な音構成ですね。コーラスのように声が入っている以外はほぼインストのようです。

歪んだギターの音もリバーブがかかっていてピカッとしていますね。

途中からシンセベース(フィルターのかかったベースかも)のむにゃっとした音とアコギのアルペジオが入ってきて若干重たい雰囲気に。

そのままアコギで消え入るように締めです。

まとめ

意外と正統派オルタナロックアルバムになっているかなと思います。

ディストーションギターの出番が多い気がしますね。

これがMansunの最後のアルバムということでシングル/カップリング集のDisc2と未発表音源のDisc3がついていますね。

Disc2

1.Take It Easy Chicken

クリック音から単音ギターリフで始まるなかなかゴツゴツとしたロック曲ですね。

メロディーもシンプルなリフレインがメインとなっています。

アウトロのギターソロは長尺で伸びやかなものとまんっていますね。

2.Everyone Must Win

ハイハットの刻みから徐々に音が入っていくのっそりとしたイントロですね。

ギターはコーラスがかかっている音かな。

全体的にもやっとした音像になっていてボーカルも引っ込み気味なのが鬱屈とした空気感を出していますね。

アウトロ前あたりから6/8拍子に変わってかなりどよーんとした感じに。

アウトロに入ってからも長めでなかなかダークに演奏が入っていますね。

3.Closed For Business

この曲はチェンバロの音が目立っています。

途中からはオーケストラも入ってきて壮大な感じに。

ギターの音はビッグマフ系のファズっぽくエグい歪みがかかっていますね。

尺は短めでいつの間にか終わっているなという感じ。

4.Ski Jump Nose

最初の音はピアノかな?なんだか違うような気も。

他パートが入ってきてからはなかなか重厚なサウンドですね。

リードのギターがぐにゃぐにゃした音をしています。これは深めにコーラスをかけるとこうなるのかな・・・。

ボーカルとコーラス(歌の方)がいつも入っていて賑やかな感じです。

最後は急にさらっと終わるところに哀愁がありますね。

5.Can't Afford To Die

イントロのギターソロフレーズが印象的です。ベースも太く歪んでいますね。

ボーカルはディレイとリバーブがはっきりとかかっています。

メロディーは割りとノリがいい感じ。ダンスミュージックぽいかな。

ベースの太い音で終わるのもいいですね。

6.Railings

歪んだピアノの音で始まるしっとりとした曲ですね。

アコギの響きもメランコリックです。ドラムが入ってきてからはクラッシュの連打が刺激的ですね。

ラストのギターソロはなかなかキリキリとした強烈な音な上に長尺でいろいろなことをしていて面白いです。

7.Flourella

ギターリフと打ち込みぽいドラムで始まる勢いの良い曲ですね。

全体を通してゴツゴツとしたビートが荒々しいです。バスドラムの音のアタックが強いですね。

ディストーションギターの厚い音が印象的な曲だと思います。

8.Decisions, Decisions

前曲と対照的にスカスカな演奏が面白いですね。

サビに入っているストリングがやや優雅な響きです。トランペットも少しあったりして華やかですね。

メロディーもどこか穏やかな感じです。

最後はストリングスのキリキリとした音から演奏後の会話みたいなのが含まれていて面白いですね。

9.Been Here Before

ファズっぽいギターのリフが刺激的な音をしていますね。

間奏のアルペジオがきれいな音に聴こえます。いい感じに曇っていますね。

Mansunらしい甘いロックな曲だと思います。

10.My Idea Of Fun

ドスドスとしたドラムで始まる4ビートな曲ですね。

Aメロはボーカルのテープを通したような歪み方がレトロです。

2分35秒あたりからのギターソロはミョンミョンしていて面白い音ですね。エンベロープフィルターかな。

ラストのびよーんとしたギターとフロアタムのドンドンで締めるのもユーモアがありますね。

11.When The Wind Blows

イントロの幻想的なキラキラとした音はシンセにピッチシフターとディレイで作られているのでしょうか。

3拍子でゆったりと落ち着いた曲ですね。

かなりバックの音が作り込まれていますね。最後にあるフィルターの利いたびよーんという音がいい感じ。

12.Check Under The Bed

最初は静かに、徐々に他パートが入ってきます。この曲もキラキラシンセが印象的ですね。

スネアの音が硬めで結構好みかも。

サビに近くなってくるとディストーションギターが荒々しく入ってきます。

最後のブーンとした低域の音が太いですね。

13.Skin Up Pin Up

ザクザクのギターリフが耳を引く曲です。ドラムは打ち込みっぽいかな。

多分イントロとサビだけバスドラム以外は生みたいですね。

この曲もサビはコーラスが入っていてハーモニーがいい感じです。

14.I Care

いきなりステップフィルターがかかってるぽいギターで始まりますね。

全体的にどよーんと暗めな曲調となっています。

サビに入るとパッと変わりますががマイナーキーなので暗いのは変わらず。

最後はコーラスだけでふっと締め。

15.The World's Still Open

音数少なめな入り方はどこか哀愁がありますね。

他パートが入ってきてからは穏やかで暖かな雰囲気に。

アルバムの最後の曲としてはぴったりな曲調になっていると思います。

Disc3

1.Rock 'N' Roll Loser

なかなか太い音のベースで始まりますね。ギターはトレモロが弱めにかかっている?

Aメロのギターはワウがかかっていてふにゃふにゃした響き。

2分28秒あたりからのギターソロはノイジーで自分好みの音。

2.Secrets

スティックカウントで始まるゴツゴツとしたロック曲ですね。

ボーカルとユニゾンしてるっぽいギターの音が強烈です。

2分18秒からは6/8拍子に変わって穏やかな感じに。

3.These Days

フィードバック音で始まってエレキのややクリーントーンで弾き語る曲ですね。(ドラムもいますが)

サビではギターにリバースピッチシフターをかけてるぽい幻想的な音が綺麗です。

最後はギターとボーカルだけになってひっそりと締めですね。

4.It's OK

スネアの硬いハイ寄りの音で始まるのっそりとした曲ですね。

ギターはアームを使っているのかピッチが細かく揺れています。

サビはスローテンポでどこか切ないメロディーとなっていますね。

3分18秒あたりでギター以外がいなくなってまた戻ってくるというなかなかドラマチックな曲展開になっています。

5.Drones

こちらもエレキ弾き語りっぽく始まるしっとりとした曲ですね。

ギターの音がエレピっぽく響いていて綺麗な音ですね。これはクリーントーンにディレイがかかっているだけのようです。

サビは轟音ギターが派手に入ってきますね。甘く哀愁のあるメロディーがどこか夕焼けのようです。

6.Right To The End Of The Earth

ベースの重たい音で始まるどんよりとした曲ですね。

32秒あたりで高域にある楽器はオルガンのようでオルガンじゃないような響き。ギターの可能性もある?

最後手前のギターソロはペンタトニック中心のフレーズですがこういうわかりやすいギターソロはこれまであまりなかったかも。

7.I Can Only Disappoint U [Demo]

Little Kixの2曲目のデモですね。聴き比べてみるとイントロのアルペジオの音がこちらのほうがややもやもやしています。

その他こちらの方がシンプルですがおおよそ形はできているのがわかりますね。

8.Love Is… [Demo]

こちらもLittle Kixの5曲目のデモです。

やはりデモなだけあって音はアルバムに収録されたもののほうがいいですね。

アレンジがあちらのほうが豪華なようですが大枠は変わらないように聴こえます。

9.Love Remains [Demo]

この曲はDisc1の5曲目ですね。

ギターの音が割りと違っているようです。やはりDisc1の方が良くも悪くも整った音をしていますね。

10.Shot By Both Sides [Live]

こちらはMagazineというバンドのカバー曲です。

イントロは西部劇の曲っぽいですね。疾走感のあるナンバーだと思います。

11.Taxloss [Live]

この曲は1stアルバムの3曲目にある曲のライブ音源ですね。

勢いのある演奏でなかなか迫力のある音源だと思います。

曲の最後にとても激しいアウトロのおまけがついていますね。

12.Witness to an Opera

続けて隠しトラックとして収録されているSIXの9曲目の別バージョンです。

Instrumental Versionとありますが声も入ってくるような。

13.Thief

こちらはアルバム未収録曲の別バージョンでしょうか。

Aメロはドラムのタム回しが目立ちますね。

ギターメインのややどろっとした曲ですね。

曲が終わったあとに長めのアウトロがあったりしてやや実験要素がありますね。

14.Stupid Open Space

Wide Open Spaceという曲のインストアレンジらしいです。

フィルターの利いたシンセがメインでエレクトロっぽくなっています。

今月のプラグインセール情報をまとめてみました。
よかったら見ていってください。

コメント

Posting....
タイトルとURLをコピーしました