Minimal Audio – Morph EQについて

plugin
plugin

今回はMinimal Audioの「Morph EQ」について書いていこうと思います。

Morph EQ

一見ただのグラフィックイコライザーに見えるのですが、

このイコライザーの本領はFrequencyを動かすための多彩なパラメーターにあります。

早速みていきましょう。今回のバイパス↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-bypass.wav

一応ですがデフォルトの状態↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-default.wav

使い方

まず通常のグライコと同様にダブルクリックでEQポイントを作ります。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-296-Hz.wav

カーブの種類は下の中から選択することができます。

また、RLとMSを選択することもできます。

左にはアナライザーの縮尺選択とSERIES(直列)とPARALLEL(並列)の設定もありますね。

ここでcommand(Mac)またはctrl(Windows)を押しながらアナライザーをクリックするとEQポイントから線の伸びたポイントが現れます。

この状態になるとMORPHパラメーターを回すことで赤の黒丸から白丸へFrequency(とGain)が動いていくようになります。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-296-Hz-MORPH-50.wav
↑FREQ 1.08 kHz MORPH 50%
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-296-Hz-MORPH-100.wav
↑3,85 kHz MORPH 100%

これでMORPHをオートメーションで動かすとこんな感じになります。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-296-Hz-MORPH-Auto.wav

これだとただ周波数が行ったり来たりしているだけでオートワウみたいな挙動をしているだけですが、

Morph EQの場合はさらにカーブポイントを増やし複雑な変化を起こすことができます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-402-Hz-MORPH-point-Auto.wav

さらにEQポインとを増やし同様にMORPHで動かすことができます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-296-Hz-MORPH-2-point-Auto.wav

かなりぐちゃぐちゃに動かすことができますね。

さてここからはMORPHの右にあるパラメーターを見ていきます。

↑解説しやすいようにこんな感じにEQポイントを配置しました
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points.wav

SHIFTは全てのEQポイントのFrequencyをずらします。

↑-で全てのEQポイントのFrequencyが下がる(アナライザーでは左に移動する)
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-SHIFT-20.wav
↑SHIFT -20%
↑+で全てのEQポイントのFrequencyが上がる(アナライザーでは右に移動する)
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-SHIFT-20-1.wav
↑SHIFT 20%

PINCHは-に回すと周波数の中央(多分685Hzあたり)から低いEQポイントはより低い方向(アナライザーだと左)へ進み

中央から高いEQポイントはより高い方向(アナライザーだと右)に進みます。

↑赤ポイントが左、黄色ポイントが右に移動している
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-PINCH-100.wav
↑PINCH -100%

+に回すと逆に周波数の中央(多分685Hzあたり)から低いEQポイントは中央方向(アナライザーだと右)へ進み

中央から高いEQポイントは中央方向(アナライザーだと左)に進みます。

↑赤と黄色のEQポイントが中央に寄ってくる
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-PINCH-100-1.wav
↑PINCH 100%

SPREADはRとLで周波数ポイントをずらすことで広がりを作ります。

+に回すと右が高くなり左が低く、-だと逆に動くそうです。

このパラメーターはSTEREOのEQポイントにしか作用しません。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-SPREAD-100.wav
↑SPREAD 100%
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-SPREAD-100-1.wav
↑SPREAD -100%

SCALEのみEQポイントのGAINに作用して、-200%〜+200%の範囲で倍率をかけることができます。(デフォルトは100%です)

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-SCALE-200.wav
↑SCALE 200%
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-SCALE-200-1.wav
↑SCALE -200%

右下のQ+ボタンはADAPTIVE Qという機能でGAINを増やした時は狭いQに、

GAINを減らした時は広めなQに自動的に調節することである程度GAINに応じた出力になるようにしてくれるそうです。

(ちなみにQ+の上にあるヘッドホンのボタンはクリックしたEQポイントの帯域のみをリスニングするボタンです)

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-ADAPTIVE-Q-on.wav
↑ADAPTIVE Q on
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-ADAPTIVE-Q-off.wav
↑ADAPTIVE Q off

そしてその下にある曲線が書いてあるボタンはSoft Clip Limiterだそうです。

オフ、弱めのリミッター、リミッター兼弱めのクリッパーの3段階を選ぶことができます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-Soft-Clip-Limiter-off.wav
↑Soft Clip Limiter off
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-Soft-Clip-Limiter-Gentle-limiting-and-saturation.wav
↑Gentle limiting and saturation(優しいリミッティングとサチュレーション)
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-FREQ-3-points-Soft-Clip-Limiter-Punchy-soft-clipping.wav
↑Punchy soft clipping(パンチの聞いた優しめなクリッピング)

これで全てパラメーターに触れたかなと思います。

プリセット

それではプリセットを試していきます。

今回、MORPHをオートメーションで動かすのですがこんなオートメーションで試そうかなと思います。

↑上で使ったものとほぼ同じです

それでは順番に試していきます。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-preset-FREQ-SYMMETRY.wav
↑FREQ SYMMETRY
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-preset-PARTICLES.wav
↑PARTICLES
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-preset-SPINNER.wav
↑SPINNER
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-preset-FLUTTER.wav
↑FLUTTER
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-preset-PEAK-A-BOO.wav
↑PEAK A BOO
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-preset-TALK-BOX.wav
↑TALK BOX

ベース

最後にベースでちょっと試してみます。まずバイパス↓

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-bass-bypass.wav

使用するオートメーションはこんな感じです↓

↑かなり適当
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-bass-preset-LP-SWEEP.wav
↑LP SWEEP
https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-bass-preset-SPREAD-TALK.wav
↑SPREAD TALK

最後に自分でシンプルではありますがエンベロープフィルターぽいのを作ってみました。

https://otonoyorimichi.com/wp-content/uploads/2022/09/Morph-EQ-bass-tekitou.wav

割とそれっぽくなっているかなと思います。

まとめ

かなり色々なことができそうでおもしろいプラグインだなと思う一方で

オートメーションとの噛み合わせを考えないといけないのでかなり手間のかかるプラグインだなとも思いました。

使い手の発想が求めれられますね。

MORPHを動かすのがオートメーションしかないのでLFOをつけたりオートワウみたいに入力音量で動かす仕組みを追加するとより使いやすくなるかなと思いました。

(もっというとMORPH以外のパラメーターも動かせるとありがたいです)

DAWのテンポと同期する仕組みもあってもいいかもしれませんね。

ショップサイトはこちら↓

今月のプラグインセール情報をまとめてみました。
よかったら見ていってください。


OFUSEで応援を送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました