Excite Audio – KSHMR Chainについて

plugin
plugin
目次

今回はExcite Audioの「KSHMR Chain」について書いていこうと思います。

↑Leader
↑Follower

KSHMR Chain

ざっくり言うとこのプラグイン(Chain)上にプラグインをインサートして一括管理を行うツールですね。

地味ではありますが役に立つプラグインとなっています。

とりあえずみていきましょう。

とりあえずLeaderから。

まず中央のAdd Pug-inをクリックすると導入時にスキャンされたプラグイン一覧が表示されます。

↑Rescan New、Rescan Allからスキャンを行うこともできる

ジャンル分けもされていてお気に入り登録もできるので見つけやすい仕組みが整っていますね。

インサートした画面がこちら↓

この画面から入力レベルやDry/Wetが操作できてしまいます。(この機能は右下の電源ボタンでオンオフを切り替えを行います)

あとはプラグイン名をクリックするとプラグインの設定画面が出てくるという流れです。

もちろんこのセットしたプラグインをプリセットとして保存しておいて必要な時に読み出すと言うことも可能です。

さて二つのプラグインをインサートしてみました。

このプラグインの設定を違うトラックにも設定したい、そんな時はFollowerをそのトラックにインサートします。

LeaderがGroup AだったのでFollowerもGroup Aを選択し、リンクさせます。

↑リンク待ちの待機画面
↑Leader側でSYNCをクリックする
↑Follower側に同じ設定が現れる
↑プラグインの設定も両者同期される

どうやらLeader側を動かすとFollower側も動きますが、Follower側を動かしてもLeader側は変化しないようです。(その後Leader側を動かすと同期される)

これはその方がいい場合もあるのでそういう仕様なんだと思います。

最後にマクロ機能です。

マクロ番号、マクロに割りあてるプラグイン、そのプラグインのパラメーター、設定の下限上限を設定することで一つのつまみで複数のパラメーターを動かすことができます。

↑マクロの最大数
↑下の▲ボタンを押すとマクロのつまみが出てくる

なのですがM6以降のつまみはどうやって表示するのでしょうね。

おおよそ機能はこのくらいです。

まとめ

とても便利なツールだと思います。

設定のし直しをしなくていいと言うのはとてもありがたいですね。

マクロ機能も発想次第で色々なことに使えそうです。

プラグインを管理するのにはとても役に立つのではないでしょうか。

ショップサイトはこちら↓

今月のプラグインセール情報をまとめてみました。
よかったら見ていってください。


OFUSEで応援を送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました