Acustica Audio – Coffee ‘The PUn’について

plugin

今回はAcustica Audioの「Coffee 'The PUn'」について書いていこうと思います。

Coffee 'The PUn'

AcusticaのAquariusから無料でダウンロードできるPultec系のイコライザープラグインです。

なかなかシックなUIをしていていますね。

ちなみにですが、Pultec系イコライザーの使い方はこちらにまとめておきました↓

早速ですがどんな音をしているのか見ていきましょう。

ドラム

まずいつものドラムから。バイパスはこちら↓

デフォルトだとこんな感じ↓

若干ですが中域の密度が上がるような気がします。

次にPREを入れてみます。

やや中高域の倍音が強調されてパッと明るくなりますね。

次にLowをブーストしてみます。

なかなか力強いブーストですね。

ちょっとカットも入れてみます。

Plutec系のイコライザーはローブーストとカットを組み合わせてちょうどいい感じにするのが肝ですね。

次にを見ていくのですが、普通のPlutec系にはあるハイカット(シェルフ型)のフィルターがありませんね。

なのでハイは1バンドとなっています。

まずはカットから

↑Hi cut

割と暖かみのあるカットですね。次にブーストです。

ブーストはハイハットのアタックが強調されるような感じになりますね。

ちょっと控えめにかけてこんな感じにしてみました。

割と明るめなキャラクターをしていますね。

バスドラム

次にキックでみていきます。まずバイパス↓

次に入れただけ↓

PREを入れてみます。

こちらも中域に効果がありますね。

適当に割り振ってみます。

太い感じになったかなと思います。

エレキギター

最後にエレキギターです。まずはバイパス↓

次に入れただけ↓

PREを入れてみます。

若干カラッと倍音が増えますね。

こちらも適当にパラメーターを割り振ってみました。

元気のある音になりますね。

まとめ

プリは中音域から中高域の倍音が増えますね。

低域は太めに、高域はカラッとしたキャラクターだと思います。

Acusticaにしては割と軽めなのでなかなか使いやすいんじゃないかなというところです。

最近Core15になったそうなのでそのおかげかもしれませんね。

ホームページはこちら↓

Acustica Audio - Coffee 'The PUn'

最近書いた他のAcusticaの記事はこちら↓

plugin
monokagerou0628をフォローする
音の寄り道

コメント

タイトルとURLをコピーしました